藤枝市薮田 ローポンプ作業

藤枝市薮田  ローポンプ作業
本日は、築十数年の戸建住宅にて起きたトイレの詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。藤枝市のお客様からトイレが詰まってしまったので修理をお願いしたいというお電話を頂きました。トイレは二つあって、そのうちの一つが詰まってしまったそうで、もう一台は流れているので急ぎではないとのことでしたが、メインで使用する一階のトイレのようでしたので、電話の後そのままお伺いさせて頂きました。建物一階部分と二階部分にトイレがあり、お子さんが使用した後にトイレが詰まってしまったとのことでした。お子さんは小学生でしたのでおもちゃのようなものは流していないと思われますが、温水洗浄便座を使わないとのことでしたのでトイレットペーパーをたくさん使用したのかも知れませんね。一度屋外へ出て建物外周の排水管の状況を見に行きました。トイレの水が流れなくなる症状は、便器の内部で詰まりを起こしている場合と、屋外の排水管の方で詰まってしまっている場合とがあります。また、その両方もあり得ますので、必ず屋外の排水がどうなっているかを確認しています。屋外排水にも詰まりはなく、異物を流した可能性もなさそうでしたので、まずはローポンプを使用した詰まり除去を試みることにしました。ローポンプは注射器と同じ原理の詰まりを除去する道具で、ピストンを動かすことで先端から水や空気を吸ったり吐き出したりすることができる道具です。水の溜まった便器内に押し当てて、ピストンを引き詰まっている箇所を引っ張るように負圧をかけていきます。数回圧力をかけていると無事詰まりは抜けて溜まっていた水が流れていきました。一方お客様は梅雨の時期など雨の日に排水口がコポコポ鳴る時がある時にされていましたが、トイレ以外で詰まりは無いようでしたので、雨水が屋外の排水管を流れる時に一時的に渋滞が起きたり空気が引っ張られたりして鳴っているものかと思われました。敷地の中で生活排水と雨水が合流しているかしていないかによってこういったことが起きたり起きなかったりしますので、仕組みを説明させて頂きました。