藤枝市田沼 ローポンプ作業

藤枝市 店舗手洗い排水詰まり修理
本日は、店舗の手洗い器における排水詰まりトラブルについて、ローポンプを用いた詰まり除去作業の事例をご紹介します。藤枝市の店舗オーナー様から詰まり修理のご依頼を頂きました。お話をお聞きすると、店舗内のトイレにある手洗い器が詰まってしまったようで、パイプ洗浄剤などの薬品も試したそうですが効果が無かったとのことでした。ご都合をお聞きして状況を確認しに伺いました。赤外線センサー付きで自動で動く蛇口が付いているため、手洗器から溢れないように使用中止の貼り紙をして対応されていました。試しに水を使用してみると、水が流れてすぐに手洗器鉢内に溢れて溜まってきてしまう状態でした。そして、時間を経過させてもなかなか水位が減らない状態でしたので、排水口から近い位置に詰まりの原因があるように感じました。排水口のすぐ下にはトラップと呼ばれる銀色の排水パイプがあり、トラップを分解して内部の詰まりを除去することで解決するのですが、この状態でトラップを分解してしまうと溜まった水が床に垂れてしまうため、まずはローポンプを使用して溜まった水を流してから分解することにしました。ローポンプとは、注射器と同じ原理で、ピストンを動かす事で先端から水を吸い込んだり吐き出したりすることができるの詰まり除去のための道具です。排水口部分に密着させ、詰まり箇所を溜まった水ごと水戻すことで解して流れやすくさせます。数回解した所で水位が下がってある程度流れたようなので、トラップを分解して内部を確認してみると、沢山の髪の毛とヌメリが塊となって引っかかっていました。この手洗器の排水口はポップアップ式といって、蛇口裏にある棒を上げ下げすることで排水口の栓が開け閉めされる仕組みになっていていました。排水口の栓を簡単には取り外せない構造なため、排水口の内部をブラシで洗ったりすることが難しく、髪の毛やヌメリ汚れなどが蓄積しやすいです。それらは市販の薬品では完全に溶けませんので、定期的に分解掃除が必要になります。分解と組み戻し作業を見て頂きましたが、ご自分では難しそうだと思われたようで、また流れが悪くなったら連絡しますと仰られていました。