富士市厚原 店舗排水高圧洗浄作業

富士市厚原 店舗排水高圧洗浄作業
本日は、飲食店の厨房で起きた排水詰まりのトラブルについて、高圧洗浄機を使用した排水管の詰まり除去作業の事例をご紹介します。富士市の飲食店から緊急修理のご依頼を頂きました。厨房内の排水が詰まりを起こして溢れてしまっているそうで、店舗は営業中ですができるだけ早く詰まりを解消したいとご希望でした。大急ぎで現場へ向かい、詰まりの状況を見させて頂きました。まずは厨房内の状況を確認、それぞれの水まわりの配置と排水経路を調べました。厨房からすぐ外に出たところに排水マスがいくつかありましたので、フタを開けて中を確認すると屋外は溢れたり詰まったりはしていない様子でした。このことから、厨房内と屋外排水マスとをつなぐ排水管内で詰まりが起きている可能性が非常に高いと思われましたので、高圧洗浄機を用いた詰まり除去をご提案させて頂きました。排水管内の詰まりを解消する方法はいくつかありますが、今回はスピード解決をご希望でしたので段階を踏まずに一番確実で強力、なおかつ今後の詰まり再発も完全に回避することができる方法で作業を行う事になりました。高圧洗浄機とは、加圧ポンプによって水やお湯に圧力をかけ、非常に強い水圧にして噴射することができる機械で、手の入らない排水管内部などを洗浄するための洗浄ホースを用いることで、排水管の内部に蓄積した油の塊や汚れを細かく粉砕して洗い流すことができます。高圧の水を先端から噴射させながらホースを行ったり来たりさせることで、排水の通り道全体をくまなく洗浄することができますので、詰まりの一時的な開通作業ではなく、付着物が全くない状態にまで復元することができます。キッチンや厨房の排水には肉や魚などの動物性の油が排水内に排出されますが、油は排水管内の壁面などに張り付き、冷えたり乾燥したりすることで固まり、蓄積していきます。一般家庭よりも飲食店の方が排出される油の量は多いので、蓄積するスピードは速く、排水管内が閉塞してくると流れが悪くなり、いずれ詰まりが発生します。今回の厨房に溢れていた排水も油が多く含まれた排水でしたので、排水管内に油の塊が沢山付着してしまっていると考えられました。排水が溢れている厨房内ではなく、水の溜まっていない屋外の排水マスから厨房に向けて洗浄ホースを入れ、油カスを搔き出していき、洗浄開始からおよそ20分程で厨房内の排水は一気に流れていきました。この状態はまだ詰まり箇所が開通した状態なだけですが、厨房にはもう溢れなくなりましたので、厨房スタッフの方にお伝えしていつも通り水やお湯を使って頂いて、まだ排水管内部に残って取り切れていない油カスの除去作業を30分程行い、今回の修理は完了しました。排水管の洗浄は、一般の戸建住宅では5~10年に一度、集合住宅では1~2年に一度のペースで行われるのが一般的ですが、店舗の場合は油の使用量によって様々ですので、各店舗で計画的に排水管の洗浄を計画することをお勧めしています。