静岡市葵区沓谷 高圧洗浄作業

静岡市葵区沓谷  高圧洗浄作業
本日は、スポーツ施設で起きた排水管の詰まりトラブルについて、排水管の高圧洗浄作業の事例をご紹介します。葵区のスポーツ施設オーナー様から排水管の詰まりについてご相談を頂きました。時々トイレの水が流れにくくなったり、シャワー室の排水からトイレの排水が逆流してくることがあるとのことで、原因を調べて修理して欲しいというご相談でした。別の場所の排水が逆流してくるということから、排水管内部での詰まりが濃厚と思われました。施設にお伺いしてトイレやシャワー室内で水を使用して排水テストを行いながら状況を詳しく見ていきました。私がお伺いした時には排水不良は起きておらず、逆流してくることはありませんでした。屋外排水マスを開けて水が流れ出てくるかどうかも確認しましたが、トイレもシャワー室も排水マスに出てきているようでした。しかし、逆流してきたという事実がある以上、床下の排水管内部に問題があるとしか考えられない状況でしたので、高圧洗浄機を用いた排水管内部の洗浄作業を行うことにしました。施設の大きな建物の裏手に排水マスが並んでいたため、洗浄に使用する水を確保する蛇口が付近になく、屋内の給湯器の給水管を一部外してそこからホースを伸ばし、窓から屋外へ水を供給しての作業となりました。屋外排水マスから屋内方向に向けて洗浄を開始し、しばらくすると、汚物の塊が少しずつ流れ出てきました。先ほど私が排水テストした程度の水量では問題がなく、来客の方が一度に多く水を使用した際には汚物の塊部分で渋滞が起き、キャパシティオーバーとなり、排水が逆流したのではないかと思われました。そのまま屋内方向へと洗浄を進め、汚れが何も出なくなったので作業を終了しました。頻繁に水が流れる排水管内部に汚物が取り残されるということはあまり考えにくいので、使用頻度が少ない時に取り残された汚物が原因となったのか、屋内から屋外まで排水管の距離が長いのか、排水管の勾配に問題が起きているのかという懸念が浮かびましたので、今後も様子を見て頂いて、再度同じような詰まりが発生するようであれば根本の原因についての対策が必要になるというお話をさせて頂きました。