沼津市 洗面排水水漏れ修理
水道修理後
沼津市 洗面排水水漏れ修理

沼津市市原 洗面排水管交換作業

本日は、施設の洗面所で起きた排水管の水漏れトラブルについて、手洗器の排水管交換による修理の事例をご紹介します。沼津市のお客様から洗面所で水を使うと床に水漏れがあるので修理して欲しいというご相談を頂きました。早速、現場へ駆けつけて状況を見させて頂きました。高齢者向けの施設内の洗面所に設置された手洗器ですね。バケツが置いてありましたのでそのまま蛇口を開いてみると、排水管の壁面辺りから水が出てきました。水を止めて排水管を詳しく見てみると、数ミリくらいの穴が開いてしまっていました。この銀色の排水管は、施設に限らず一般住宅でも広く用いられているもので、真鍮製のパイプにメッキ加工されて銀色になっています。今回は壁の中へとつながるPの字型のPトラップで、床へとつながる形の物はSトラップと呼ばれています。真鍮製のものの他にも樹脂性のものもあります。トラップは、排水の臭いや虫の侵入を防ぐためにループ部分が設けてあり、水が溜まる構造になっています。所々メッキが剥がれていましたので、メッキが剥がれた所からサビはじめ、腐食が進んで穴が開いてしまったのかと思われました。今回は、できるだけ早い解決と、予算をできるだけ抑えたいというご希望がありましたので、排水管の部分的な交換という方法にて修理を行うことになりました。排水トラップは手洗器の排水口部分から一式で交換することもできますし、パーツ毎でも交換は可能です。経年によって耐久性は落ちていきますので、老朽化に伴う修理の場合は一式で交換した方が良いケースがほとんどです。今回は穴が開いた部分と、その下流側の部分のみ交換することになりましたので、分解して新しいパーツに差し替えました。節目にはゴム製のパッキンが入っていますが、一度緩めた部分のパッキンは再利用すると漏水の可能性が高まりますので、新しいパッキンに交換します。排水管の表面を傷つけてしまうと、メッキが剥がれやすくなってしまい、今回のようなトラブルにつながりますので注意が必要です。