富士市荒田島 高圧洗浄作業

富士市荒田島 高圧洗浄作業
本日は、飲食店の厨房内で起こった排水の詰まりトラブル、高圧洗浄機を使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。富士市の飲食店から緊急修理のご依頼を頂きました。排水が詰まってしまって、厨房内の排水が溢れてしまっているそうで、できるだけ早い解消をご希望でしたので大急ぎで向かいました。現場へ到着し、まずは厨房内の状況を確認し、それぞれの水まわりの配置と排水経路を調べました。排水が溢れてしまっていましたので、排水溝があることはわかりましたが、濁っていて排水溝内や経路はよくわからない状態でした。厨房からすぐ屋外に出たところに排水マスがいくつかありましたので、フタを開けて中を確認すると排水マスも排水で満たされている様子でした。下流側と思われる別の排水マスは正常な状態だったので、溢れている排水マスと正常な排水マスと間の排水管内部で詰まりが起きていることがわかりました。土の下に埋まっている排水管の内部の詰まりを除去する方法として、高圧洗浄機を用いた詰まり除去をご提案させて頂きました。排水管内の詰まりを解消する方法はいくつかありますが、今回はとにかくスピード解決をご希望でしたので段階を踏まずに一番効果的で強力な方法で作業を開始する事になりました。高圧洗浄機とは、大きなタンクに溜めた水やお湯を加圧ポンプで吸って、非常に強い圧力をかけて噴射することができる機械で、排水管洗浄専用の洗浄ホースを用いて排水管の内部を水の力で洗浄します。高圧の水を先端から噴射するホースを行ったり来たりさせて、排水管内にこびりついた汚れを細かく粉砕して、大量の水で破片を洗い流すことができます。飲食店などでは一般のご家庭よりも多くの油が排水内に排出されます。油は排水管内の壁面などに張り付き、温度の低下や乾燥により固着してロウソクのロウのような硬さの塊になります。それがだんだん大きくなると流れが悪くなり、詰まりを引き起こします。今回の厨房に溢れていた排水も油分が多く含まれた排水でしたので、排水管内に油の塊が沢山付着してしまっていると考えられました。洗浄作業中もゴロゴロと油の塊が沢山流れていました。洗浄開始からおよそ20分程で厨房内に溜まっていた排水は一気に流れていき、油カスの破片も出てこなくなりました。排水管の洗浄は、一般の戸建住宅では5~10年に一度、集合住宅では1~2年に一度のペースが望ましいとされていますが、店舗の場合は詰まりの頻度は様々ですので、各店舗で計画的に洗浄をされることをお勧めしています。焼肉やラーメンのような油を沢山使用するお店では数ヵ月毎に洗浄する店舗も珍しくありません。詰まりを起こしてしまうと営業に支障がでたり来客者に迷惑がかかったりしますので、そうならないために詰まる前の定期的な洗浄をお勧めします。