静岡市清水区追分 高圧洗浄作業

静岡市清水区追分  高圧洗浄作業
本日は、店舗で発生したトイレの詰まりトラブルについて、屋外排水管の高圧洗浄作業の事例をご紹介します。清水区の店舗様から、トイレが流れなくて困っているというご相談を頂きました。さっそくお伺いして流れ方を確認させて頂くと、確かに変な流れ方でした。男性用、女性用共に全てのトイレで、トイレを流した後すぐに便器内の水位が上がり、便器のフチギリギリまで来て溢れそうになりますが、溢れずに止まり、そのまま見ていると今度は一気に水位が下がっていき、便器内の水がなくなるのではないかという所まで水位が下がり、ゴポゴポと音を立てて、水が少ないまま音が止み、水位が通常よりも少ない状態のままになりました。複数のトイレで同時に詰まりの症状がある場合、その便器の内部で詰まっている可能性は低く、トイレから少し離れた場所や屋外排水マスなどでの詰まりの可能性が非常に高くなります。すぐに屋外へ出て排水管を調べてみることにしました。トイレ周辺の排水マスを開けて内部を確認すると汚水が溜まっていて内部が見えない状態でした。やはりトイレの内部で詰まったのではなく、建物の外の排水管が詰まりを起こしていました。正常な状態では水はなく、マスの底とそこにつながる排水管が見えます。この場所が水で満たされているということは、ここよりも下流に詰まりの原因があると考えられます。下流をたどりながら排水マスのフタを開けていくと、ほとんどのマスが汚水でいっぱいでしたが、さらに下流側には浄化槽があり、そこへ続いていました。浄化槽の内部を確認するとそこにも汚物が溜まってしまっている状態でしたが、浄化槽ポンプは正常に稼働しているようでした。浄化槽内の汲み取りや不良については浄化槽業者さんに診てもらうように手配をして頂き、それまで何とか少しでもトイレを使えるようにと大量の汚物が取り残されてしまっている上流側を高圧洗浄機を用いて洗浄作業することにしました。高圧洗浄機とは、加圧ポンプで水に強い圧力をかけて噴射することができる機械で、排水管の内部に水を噴射することによって内部に蓄積した汚れや詰まりを細かく粉砕しながら洗い流すことができます。浄化槽の入り口から上流のトイレの方へ洗浄ホースを入れていくと、排水管内部に溜まっていた物が浄化槽へと次々と流れ出てきました。そのまま上流へ辿りながら洗浄を続け、1時間ほどの作業で浄化槽とトイレの間は何もない綺麗な状態になりました。その後、店舗内に戻ってトイレの流れを確認しましたが、正常に浄化槽へと流れていきました。