焼津市相川 高圧洗浄作業

焼津市相川  高圧洗浄作業
本日は、築15年程の二世帯住宅2階にある台所の排水詰まりトラブルについて、高圧洗浄を使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。焼津市のお客様から台所の水の流れがおかしいというご相談を頂きました。ここ最近排水の流れ方が悪かったそうで、先月くらいから市販の薬品を使用しながら様子を見てたようですが、改善されないというお話しでした。築15年程の二世帯住宅で今回が初めての詰まりのようでした。1階にも台所があり、お客様ご自身で屋外排水マスを開けて排水マス内を清掃したそうですが、排水不良は改善されなかったとのことでした。お客様宅にお伺いして排水経路を含めて詳しく見させて頂きました。1階の台所と2階の台所は離れた位置にありましたので、屋外排水マスも別々に存在していました。お客様が清掃されたのは1階台所の排水マスだったようで、2階台所の排水マスの内部を確認すると、排水マスだけでなく2階へと続く排水管内部にもかなりの量の油かすが蓄積しているようでしたので、高圧洗浄機を使用した油かすの除去作業を行うことなりました。色々とある詰まり除去作業の中でも、高圧洗浄作業は排水管内の汚れを細かく粉砕してきれいに洗い流す作業で、最も確実で強力な方法です。機材のセッティングと作業、片付けも併せて一時間程の時間できれいさっぱり洗浄が完了し、スムーズに流れるようになりました。作業前は小雨でしたが、作業をしている間に土砂降りになってしまいカッパを着ての作業でしたが、高圧洗浄作業は天候に左右されず行える作業です。一般的な戸建て住宅では約10年に一度のペースで排水管を洗浄した方がよいと言われています。お住いの人数や料理の頻度によって前後しますが、一度も洗浄を経験されていない方は、詰まったり溢れたりしてしまわないように、トラブルが起こる前に早め早めに洗浄することをお勧めします。