袋井市新屋 ローポンプ作業

袋井市 洋式トイレ詰まり修理
本日は、築30年程の戸建住宅にて起きたトイレの詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。袋井市のお客様からトイレが詰まってしまったので修理をお願いしたいというお電話を頂きました。トイレは一つしかなく、トイレも近いのでできるだけ早く修理して欲しいとご希望でしたので、その日の内に訪問させて頂きました。昨夜に詰まって溢れそうになったのでそのまま使用しないでいるということでした。便器内には水が溜まってしまっていて、時間経過による水位の変化もなかったようでした。一度屋外へ出て建物外周の排水管の状況を見に行きました。トイレの水が流れなくなる症状は、便器の内部で詰まりを起こしている場合と、屋外の排水管の方で詰まってしまっている場合とがあります。また、その両方もあり得ますので、必ず屋外の排水がどうなっているかを確認しています。今回は屋外の排水管は問題なく正常な状態でしたので、便器内での詰まりということがわかりました。詰まりの原因については思い当たる点がなく、普通に使用されての詰まりというお話でしたので、便器に圧力をかけて詰まりを除去するローポンプという道具を使用することにしました。ローポンプは注射器と同じ原理の詰まりを除去する道具で、ピストンを動かすことで先端から水や空気を吸ったり吐き出したりすることができる道具です。水の溜まった便器内に押し当てて、ピストンを引き詰まっている箇所を引っ張るように負圧をかけていきます。数回圧力をかけていると無事詰まりは抜けて溜まっていた水が流れていきました。この状態で便器の内部に残留物がある場合は、次のトイレ使用の際に詰まりが再発してしまいますので、残留物がないかどうかの確認を行います。トイレットペーパーを丸めたものを複数個作り、一度に一気に流して便器内を通過するかどうかを確認します。また、屋外の排水マスに流したトイレットペーパーが流れ出てくるか、トイレの流れ方は正常かどうかをしっかり確認し、詰まり除去作業は完了となります。今回のお客様はタウンページやとっておいたチラシを見て色々な業者に電話をかけてみたそうですが、すぐに対応できないと言われてしまい困っていたそうでした。知り合いの浄化槽屋さんに相談して当店を紹介してもらったそうです。すぐに対応できるように常に準備を整えておりますが、即日対応に喜んで頂けるのはやはり嬉しいです。