掛川市大池 高圧洗浄作業

掛川市 店舗トイレ詰まり修理
本日は、店舗のトイレで発生した詰まりトラブルについて、高圧洗浄機を用いた詰まり除去作業の事例をご紹介します。掛川市の店舗オーナー様から、トイレが詰まってしまったので修理をお願いしたいとお電話を頂きました。早速訪問してトイレの流れ方を見させて頂くと、店舗内にはトイレが複数ありましたが、どのトイレも問題なく流れているようでした。詰まりが起きていた時の事を詳しくお聞きすると、詰まりが起きたり自然と直ったりを繰り返しているそうで、何が起きているのか全く分からないとのことでした。複数のトイレが同時に詰まってしまうという症状が起きたということから、トイレの中での詰まりではなく、下流の排水管の方で詰まりが起きている可能性が考えられるので、屋外の排水管を調査することにしました。屋外には浄化槽が設けられていました。店舗内のトイレ排水は合流した後屋外で浄化槽に入り、排出されているということがわかりましたので、屋外の排水マス全てを開けて内部を調べました。トイレと浄化槽の間の排水マスの内部に汚水が溜まっている状態だったため、この場所で詰まりが起きているということがわかりました。高圧洗浄機を使用して、浄化槽の入り口部分から上流に向けて洗浄を開始し、溜まっている物と汚水を浄化槽へと掻き出してトイレ系統の排水管は開通しました。屋内のトイレにトイレットペーパーを入れて流し、浄化槽へ流れてくるかどうかをチェックすると、きちんと流れてはきませんでした。その後何度もトイレを流して確認した所、詰まりが起きていた付近の排水管内でトイレットペーパーが止まってしまい、浄化槽まで辿り着けないということがわかりました。排水管は上流から下流へとスムーズに流れるように勾配をつけて配管されますが、今回のケースでは、土中に埋設された排水管の勾配に異常が起きたことにより、浄化槽までスムーズに排水が流れる事ができず、途中で停滞してしまうようになり、トイレに流したものが排水管内部に取り残されて詰まりが発生してしまったということが判明しました。トラブルの根本の原因である排水管の勾配を直さない限り、いずれ同じような詰まりが再び発生してしまいます。しかし、排水マスや埋設管を掘りだして配管し直すというのは大がかりな工事となりますので、すぐに工事をしないのであれば、排水管内部に溜まってしまう物を定期的に高圧洗浄作業で除去するという応急的な方法で凌ぎ続けるという事になります。オーナー様には起きている状況をしっかりと説明をさせて頂いて、どのように管理されていくかを検討して頂きました。