静岡市葵区清閑町 洋式トイレ脱着作業

静岡市葵区清閑町  洋式トイレ脱着作業
本日は、店舗で起きたトイレ詰まりトラブルについて、洋式トイレの脱着作業による異物除去作業の事例をご紹介します。葵区の商業施設テナントオーナー様からお電話を頂き、緊急のトイレ詰まり修理のご依頼を頂きました。営業時間中のようですが来客が多いのでできるだけ早く解決して欲しいとご希望でした。お店に駆けつけてトイレを見させて頂きながらお話しをお聞きすると、昼頃から流れが悪かったそうで、スタッフの皆さんでラバーカップを使ってしのいでいたとのことでした。排泄物やトイレットペーパーによる詰まりであれば、長時間水中に詰まりの原因物があれば自然に解れて解消するケースもありますが、時間が経ってもラバーカップなどを使用しても改善しないような場合、水に溶けないような異物が原因となっている可能性が高まります。便器内には水が溜まっていませんが、トイレを流すと水位が溢れるギリギリの所まで上がって、見ている間に少しずつ水位が下がっていくような状態でした。水が通り抜けるような隙間がある状態ではありますが、確実に詰まっている流れ方でしたので、柔らかい物ではなく形の変わらない固形物のようなものが中に入っているのではないかと思われました。異物が原因の詰まりの場合、ラバーカップなどで無理やり圧力を加えて押し流れてしまうと、排水管のさらに先の方で詰まりを引き起こし、さらに悪化させてしまうこともありますので避けた方がよいです。オーナー様に状況をご説明して、異物詰まりの可能性があるので、詰まりの原因を排水管に入れないように、トイレを一度解体して確実に原因を取り除く方法でご提案しました。手洗い場に外したタンクと温水便座を置き、便器だけの状態になりました。床との固定を外した後、便器をひっくり返すと、便器が差し込まれる排水管側、排水管の入り口部分に詰まりの原因物が確認できました。化粧品のコンパクトケースでした。オーナー様にも直接目で確認して頂きました。異物流れの可能性が100%なく、トイレットペーパーや排泄物が原因だとはっきりしている場合は別ですが、トイレの詰まりが起きた際、とりあえずラバーカップで試してみる、という判断はあまりお勧めできません。トイレの詰まりには、詰まりの原因となる物があり、その原因によって修理方法が異なるからです。手の届かない床下や壁の中の排水管内にまで異物が進んでしまうと、それを取り除くために床や壁を壊したり排水管を切ったりといった作業が必要になれば、その分費用も膨らんでしまいます。トイレの解体と組み戻しの作業、脱着作業は便器の清掃も含めておよそ1時間程で完了しました。そして、これは全ての人に言える事ですが、トイレットペーパーと排泄物以外の物は全て異物詰まりの原因となりますので、トイレを使用する際には、流す前に一度便器の中を確認してから流すようにし、異物が落ちてしまったとしても、流す前にご自分で取り出すようにしたいですね。