静岡市葵区北安東 店舗洋式トイレローポンプ作業

静岡市葵区北安東 店舗洋式トイレローポンプ作業
本日は、飲食店で起きたトイレの詰まりトラブルについて、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。葵区の飲食店から、トイレ詰まりの緊急修理についてご相談を頂きました。すぐに対応可能でしたのでお電話の後すぐに駆けつけました。お昼頃までは正常に流れていたそうですが、スタッフの方が発見した時には大量のトイレットペーパーが混ざった水がトイレから溢れて床に広がっていたとのことでした。私が到着した時には床は掃除され、トイレにはまだ水が上の方まで溜まってしまっている状態でした。不特定多数の人が使用するトイレですので、どのように使用されたのかも不明で、思わぬ異物が入ってしまっているケースも多々あるため、どのようにして詰まってしまっているのかを作業の前に状況を詳しく調べる必要があります。建物1階部分の店舗でしたので、まずは屋外に出て排水マスを探しました。屋外の排水管に詰まりがないかどうかを調べるためです。屋外の方で詰まりが発生していても、トイレが流れずにトイレだけが詰まっているように見えることもあるため、詰まりトラブルの際には一番最初に屋外を確認をします。屋外が詰まっている場合は、トイレからあれこれ作業をしても解決できないこともありますので、詰まり箇所がトイレなのかそれよりも下流側なのかをはじめに確認する必要があります。屋外排水には特に異常は見つからなかったので、トイレの便器内での詰まりである可能性が高まりました。オーナー様は簡単な作業から段階を踏んでの修理をご希望でしたので、溜まっている水を一度汲み取って手作業で届く範囲を取り除きました。しかし、詰まりの原因物は手の届かない奥の方にあるようで、手作業では解決には至りませんでした。続いて、便器内に圧力をかけて詰まりの原因物をほぐして流すローポンプという道具を使用しました。ローポンプは大きな注射器の様な道具で、ピストンの原理で水を吸ったり吐いたりすることができます。便器の入り口部分に密着させ、詰まり箇所と満たされた水を吸い戻し、詰まりの原因物を引っ張っては戻しを繰り返しながらほぐして流れやすくし、詰まりを解消させます。水に溶けない異物が入っての詰まりでない場合は、ローポンプを使用することで高い確率で詰まりを除去することができます。今回もローポンプで数回圧力をかけた所で水が流れていきました。便器内に残留物がないかどうか、その後何回もトイレを流しながら様子を見て、修理が完了しました。異物が入っていなくてよかったです。