菊川市 浴室蛇口水漏れ修理
水道修理後
菊川市 浴室蛇口水漏れ修理

h3>菊川市仲島 浴室蛇口交換作業

本日は、築30年程の戸建住宅にて起きた蛇口の水漏れトラブルについて、浴室蛇口の交換作業の事例をご紹介します。菊川市のお客様からお電話にてご相談を頂きました。お客様宅にお伺いしてお話しをお聞きすると、数年前に洗い場の蛇口の温度調節ハンドルが固くなり使い辛かったそうで、その時は知り合いの詳しい人に蛇口を交換してもらったとのことでした。今回はその蛇口のシャワーからポタポタと水が垂れるようになってしまったとお困りでした。知り合いの方には蛇口代だけで交換してもらったというお話でしたが、すぐに不具合が出て不満に思っていらっしゃるようでした。今回の不具合もその知り合いの方には相談しづらいということで、当店にご相談頂いたという経緯のようでした。シャワーからのポタポタ水漏れは、シャワーとカラン、止水を切り替える切替バルブという部品を交換することで解決することができますが、お客様は部品の交換を望んではいませんでした。シャワーとカランの切替えハンドルも、以前の蛇口はカチカチと音が鳴ったので切り替わったかどうかがわかりやすかったようですが、交換された蛇口は音が鳴らないので使い勝手が悪いので、別の使い勝手の良い蛇口に交換したいとご希望でした。車に常備している蛇口を実際に見たり触ったりして頂くと、気に入って頂けましたので、その蛇口への交換作業を行うことになりました。建物全体で止水をし、壁に付いている蛇口を取り外し、新しい蛇口を設置して、30分ほどで交換作業は完了できます。通水後、稼働や取付け不良の無い事を確認して、お客様にも使用して頂くと、とても喜んで頂けました。確かに水道修理の知識や工具を持っている方であれば「蛇口の交換を行うこと自体」は可能ですが、蛇口を交換するに当たって確認すべき点は色々と多く、ご希望を叶える結果につながる蛇口を選べているかどうかが重要になってきます。蛇口を交換した後の方が使い勝手が悪くなるような交換は、望ましくないですよね。ただ同じような物に交換すればよいということではなく、蛇口を選ぶ前に、お客様がどうして交換したいと思われたのか、どう変えたいと思われているかという、「思い」の部分を確認するため、お客様とのお話の時間が重要と私たちは考えます。