藤枝市平島 止水栓フレキ管交換作業


本日は、築20年ほどの戸建住宅のトイレで起きた給水管の水漏れトラブルについて、止水栓上のフレキ管交換修理の事例をご紹介します。藤枝市のお客様からトイレの床が濡れるので一度見に来て欲しいというご相談を頂きました。お客様宅にお伺いして詳い状況をお聞きすると、トイレの左側の奥の方がいつも濡れているというお話でした。壁も床も木材でしたが、確かに水気を含んで変色も所々見られました。ライトで照らしながら水漏れ箇所を詳しく調べていると、壁からの給水管とタンクとをつなぐ給水管からの水漏れであることがわかりました。止水栓で水を止め、給水管を取り外してさらに詳しく調べると、給水管の表面に一目ではわからないような針で突いたような小さな穴があることがわかりました。写真を撮り忘れましたが、金属製で銀色、クビレの無いツルツルなパイプでL字型に曲げられた給水管なのですが、トイレのタンクと止水栓の間をつなぐためによく使用されています。メッキにより銀色になっていますが、素材としては銅でできていますので、経年により銅がサビてしまうと、小さな穴が開いて水漏れを起こすことがあります。築20年近いとのことでしたが、もっと短い使用年数で穴が開くケースもあれば、30年以上何事もないケースもあります。修理方法としては、穴が開いたパイプは補修できませんので、止水栓とタンクとの間を新しいパイプにてつなぎ直すことになりましたので、同じ銅の給水管は使用せず、サビの腐食に強いフレキ管にて接続することにしました。フレキ管とは、銀色のステンレス素材の給水管で、蛇腹状なので自由に曲げ加工ができるためフレキシブルに使用できる給水管です。任意の長さで切断して曲げ加工できるため大変有用で、トイレだけでなく、洗面台やキッチンの収納内などでもよく使用されています。止水栓とタンクとの間の距離と曲がり分を考慮してフレキ管を切り出し、両末端部を加工して接続することで修理は完了です。金属管のサビ腐食には経年によるものと水質によるものがあり、その地域の水道水が取水されている水源の水質によって、腐食しやすいものとそうでないものと違いがあるそうです。金属管がサビやすい地域にお住いの方は、腐食耐性のある管種への変更がお勧めです。