掛川市家代 洋式トイレ脱着作業


本日は、高齢者施設のトイレで起きた詰まりトラブルについて、洋式トイレの脱着作業による詰まり修理の事例をご紹介します。袋井市の高齢者施設からお電話を頂き、トイレの詰まり修理のご依頼を頂きました。夜間でしたが、できるだけ早い解決をご希望とのことでしたので、急いで向かいました。施設に到着後、トイレを見させて頂きながらお話しをお聞きすると、夕方にスタッフの方がトイレが溢れてしまっているのを発見し、以前ホームセンターで購入されたというラバーカップを使って詰まり除去を試みたそうでした。詰まってしまっているトイレは、施設利用者や来客者が使用するトイレで、スタッフの皆さんは職員用のトイレを使用されるとのことでした。最後に誰がどのように使用されたかは不明でしたし、ラバーカップでいくらやっても流れなかったというお話しから、通常の使用による詰まりではなく、異物が流れてしまっての詰まりの可能性も高いと考えられました。一度施設の外へ出て屋外の排水マスを調べましたが、屋外排水には異常はなく、他の水まわりもトイレも問題なく使用できていましたので、詰まってしまっているトイレだけの問題のようでした。ラバーカップや私たちが扱うローポンプや圧力ポンプという道具は、トイレットペーパーや排泄物での詰まりであれば効果がありますが、異物が原因での詰まりの場合はほぼ効果がありません。固かったり、便器の出口よりも大きかったりする異物が便器内にある場合、いくら押しても引いても出口を通過できませんし、入ったところまで引っ張り戻すことは非常に困難です。責任者の方に状況をご説明して、異物詰まりの可能性があるので、トイレを一度取り外して詰まりの原因を直接取り除く作業、トイレの脱着作業にて修理をすることになりました。便器と排水管との接続部分が最も狭い箇所なので、詰まりのほとんどはその場所に引っかかります。そのまま上からでは難しいので、一度便器をひっくり返し、出口側からアプローチしよう!という方法です。しかし、便器をひっくり返したいのですが、便器の上には温水便座やタンクが載っていますので、まずはそれらを最初に取り外す必要があります。廊下に養生をさせて頂いて、タンクと温水便座を外して廊下に保管し、便器だけの状態にしました。便器の固定金具を外して排水管から抜いてひっくり返すと、詰まりの原因が目で確認できました。便器が差し込まれる排水管側、排水管の入り口部分にカイロが引っかかっていました。カイロの一面が粘着性になっていましたので、背中などに貼るタイプのカイロのようです。責任者の方にも確認して頂いて、原因物を取り除き、トイレを一つ一つ組み立てなおして作業は完了しました。ラバーカップなどで無理矢理に押し流してしまっていたら、床下の排水管内や曲がり角など、下流の方で引っかかってしまうと、詰まり被害が拡大するだけでなく、取り除くは非常に大変になります。大事に至らずに無事に異物を回収することができて、よかったです。