掛川市駅前 ローポンプ作業

掛川市 店舗洋式トイレ詰まり修理
本日は、飲食店で起きたトイレの詰まりトラブル、ローポンプを使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。掛川市の飲食店から、トイレ詰まりの緊急修理についてご相談を頂きました。従業員と来客者と共用で使用する店舗内のトイレが流れなくなってしまい、午後の混み合う時間よりも前に修理をご希望でした。お昼前で道路も比較的流れていましたので、スムーズに駆けつけることができました。朝一番は正常に流れていたそうで、最後に使用したスタッフさんによると流してはいけないような物は流しておらず、普通に使用したというお話でした。不特定多数の人が使用するトイレですので、お話しを過信し過ぎると異物の残留を見逃すこともあるため、詳しく調べさせて頂きました。まずは屋外の排水マスにて排水管に詰まりがないかどうかを調べました。屋外で詰まりが発生していてもトイレが流れずにトイレが詰まっているように思われることもあるため、詰まりトラブルの際には一番最初に屋外を確認をします。屋外に問題は見つからなかったので、次に、便器内に溜まっている水をバケツに汲み取り、便器内の入り口付近に詰まり箇所があるかどうかを調べました。入り口付近にも何もありませんでしたので、恐らく詰まりの原因は便器の奥の方にあると思われました。奥へと入ってしまった詰まりは手作業では除去できませんので、詰まりを除去するための専用の道具を使用することになります。異物ではなく排泄物とトイレットぺーパーが詰まりの原因と仮定し、便器側から排水管に圧力をかけて詰まりの原因をほぐして流すローポンプという道具を使用してみることにしました。ローポンプは大きな注射器の様な道具で、ピストンの原理で水を吸ったり吐いたりすることができます。便器の入り口部分に密着させ、詰まり箇所と満たされた水を吸い戻し、詰まりの原因物を引っ張ったり押したりしながらほぐして流れやすくし、詰まりを解消させます。異物が原因でない場合はローポンプを使用することで高い確率で詰まりを除去することができます。今回はローポンプで数回圧力をかけた所で水が流れていきました。トイレットペーパーを丸めて塊を作り、複数個同時に入れて流し、それを何回か繰り返し、詰まりが再発しないことを確認して、作業完了しました。もし水に溶けない小さな異物が入ってしまっていたら、この確認方法で、またすぐに詰まりが起きたりするのですが、これだけ流れていればその可能性はないと言えます。無事短い時間で解決となってよかったです。