袋井市 台所蛇口水漏れ修理水道修理後
袋井市 台所蛇口水漏れ修理

袋井市新屋 台所蛇口本体交換

本日は、築17年の戸建住宅の台所、蛇口の水漏れトラブルについて、蛇口本体の交換作業の事例についてご紹介します。袋井市のお客様からメールにて台所の水漏れについてお問合せを頂きました。台所のキッチンマットが濡れてお困りのようで、どこから水が漏れてきているのかを詳しく調べて欲しいという内容でした。メールで何度かやり取りをし、水漏れの状況についてお聞きしていましたが、水道の漏れなのか排水の漏れなのか、詳しい状況はメールでは判断が難しかったので、都合の良い日に時間を作って頂いて、実際に見させて頂くことになりました。後日、お客様宅に到着すると、蛇口に使用禁止という張り紙がしてありました。蛇口を使用しなければ床が濡れなくなることがわかり、それ以降は台所で蛇口を使用せずに凌いでいたとのことでした。シンク下の収納内の荷物もあらかじめ出しておいて頂いたのですが、収納内にも水が溜まってしまっていたようで、化粧べニア板も水を含んで所々膨らんでしまっていました。収納内にタオルを敷き詰めて、少しずつ蛇口を使用してみると、水漏れ箇所が判明しました。設置されている蛇口はシャワーを引延ばしできるタイプの蛇口で、金属のカバーに覆われたシャワーホースの内部から水漏れしていて、蛇口を使用するとホースを伝って収納内に水が直接出てしまう状態になっていました。とても便利な蛇口なので今では広く普及しているタイプの蛇口なのですが、シャワーホースの耐用年数は一般的には10年前後と言われていますので、経年の劣化と使用によりホースに亀裂が入ったものと思われました。ホースのみの交換という修理方法と、蛇口を丸々新しい物に交換する方法と、ご説明をさせて頂き、製造終了から結構な年数が経ってしまっている蛇口でしたので今後発生するリスクについてもしっかりとお話しをしました。今後どうされたいかをしばらく考えていらっしゃいましたが、今回のお客様は同じような引延ばしができる蛇口で、シャワーヘッド部分も銀色で統一されたものへの交換をご希望されました。およそ30分程の交換作業ののち、無事新しい蛇口が使用できるようになりました。銀色のヘッド部分も金属ではなく樹脂製なのですが、汚れや変色も目立ちませんので人気があります。シャワーホースが収納内にある蛇口の場合は、使用年数に応じて定期的な収納内の漏水確認をして頂くことをお勧めします。