静岡市清水区西久保 トイレ止水栓交換作業

静岡市清水区西久保  トイレ止水栓交換作業 今回は、築18年程の戸建住宅、トイレの止水栓からの水漏れトラブルについて、止水栓の交換作業の事例をご紹介します。清水区のお客様からトイレの水漏れ修理についてメールでお問合せを頂きました。初めは、トイレにある蛇口から水漏れしているというお話しでしたので、トイレの近くに蛇口のついた手洗器があるのかと思いましたが、写真を送って頂いて見てみると、トイレの横の止水栓からの水漏れと判明しました。当店のホームページにて施工事例を見て頂いたそうで、水漏れの症状から考えて交換修理になるかも知れないが、どれくらいの費用になりますかというお問合せでした。正確な見積もりは直接状況を見てからでなければ難しいのですが、大体の料金の目安をご案内させて頂きました。すると正式に修理をご依頼頂きましたので、ご都合のよろしい日時をお聞きして、お伺いしました。止水栓とは、建物内に張り巡らされた水道管と、蛇口やトイレなどの末端設備との間に設置され、蛇口と同じような構造をしています。いざ水を止めたいという時、手短に水を止めることができる「元栓」の役割をしています。今回のお客様は、温水便座を量販店で購入され、ご自分で便座を交換しようされていました。止水栓で水を止めようとされた際、固くて回らなかったので、強引に回そうとされた結果、止水栓の一部を破損してしまったようでした。一般的に用いられている止水栓は、ドライバー式とハンドル式があるのですが、既設の止水栓はドライバー式で、マイナスドライバーを使用して飛び出た軸部分を回転させて開け閉めするものでした。普段、止水栓を使用する機会はほとんどないと思いますが、長年使用せずにいると軸が固着してしまい、ドライバーだけでは回せなくなってしまうことがあります。回らないからと、力任せに回したり、誤った工具を使用して回そうとすると、破損の原因となります。蛇口も止水栓も、力を必要なく使用できるように作られていますので、固くなってしまったら無理をせずにご相談ください。今回は止水栓が破損してしまっていましたので、止水栓本体の交換による修理となりました。お客様から、ドライバー式の止水栓は扱いづらいので、ハンドル式の止水栓に交換して欲しいというご要望がありました。ハンドル式は蛇口と同じように手で握って回すことができ、ドライバーを持ち出してくる必要もありません。およそ20分ほどで新しい止水栓への交換が完了しました。その後、無事にご自身で便座を交換されたようでした。