静岡市 店舗排水管水漏れ修理
水道修理後
静岡市 店舗排水管水漏れ修理

静岡市葵区鷹匠 排水トラップ交換作業

本日は、飲食店の手洗い場にある洗面器下の排水漏れトラブルについて、排水Pトラップの交換修理の事例についてご紹介します。葵区の飲食店のオーナー様から、トイレの前室の手洗い場の床が水浸しになってしまうので修理をお願いしたいというご連絡を頂きました。早速訪問して状況を見させて頂くと、来客者用の手洗い場の洗面器の下に水が垂れてしまうようで、排水パイプにビニールテープがグルグル巻きにされていました。テープを剥がして状態を見てみると、排水パイプに穴が開いてしまっていましたので、手洗い器で水を使用すると、その穴からそのまま床に水が漏れてきてしまうということですね。このクネクネ曲がった銀色のパイプは排水トラップと呼ばれ、排水管の臭いなどが逆流して入ってこないように、わざとループさせて水が少し溜まるような構造になっています。この洗面器に使用されているのはアルファベットのPの字型なのでPトラップとも呼びます。このパイプはメッキされた真鍮製で、経年により真鍮がサビると緑青が発生し、サビが進行するとパイプの壁面が脆くなり、いずれは穴が開いてしまったり、ちょっとした衝撃で折れてしまったりするようになってしまいます。今回のパイプ表面には、あちこちにポツポツとメッキ剥げと緑青が見られましたが、長年使用され一度も修理したことがないというお話しでした。穴の開いた部分のパイプのみを交換しても、交換しない残りの部分が同じトラブルの原因となってしまうので、今回はPトラップ一式を新しい物に交換することになりました。当店ではこういった部品が突然破損してしまったとしても、その場で新しいものに交換できるように常に車に材料を常備していますので、部品取寄せのために何日もお待たせしてしまうといったことはありません。点検のために穴の開いた排水トラップは分解して取り外していましたので、車から新しい排水トラップを取り出してきて、その場で交換作業を開始しました。およそ数十分で交換作業が終わり、水漏れなく手洗い場が使用できるようになりました。こういった突然のトラブルでお困りの際は、ぜひ当店にご相談ください。