富士市厚原 洋式トイレ脱着作業

富士市 洋式トイレ詰まり修理
本日は、飲食店で起きた来客者用トイレの詰まりトラブルについて、洋式トイレの便器脱着作業の事例についてご紹介します。富士市の飲食店からトイレ詰まり修理のご依頼を頂きました。営業時間中のようでしたが、トイレが複数なく来客者をお待たせしてしまっていて、早急に修理をお願いしたいとの事でした。現場に到着し、トイレにご案内頂くと、詰まりを直そうとスタッフさんが色々と試されたようで、ラバーカップやバケツなどが便器の周りに転がっていました。色々な人が入れ替わりに使用するトイレですので、原因もわかりませんし、異物が入って流れてしまっている可能性も考えられますので、お店の担当者様には詰まりを解消する作業の段階についてご説明しました。まずは、異物の可能性がない場合にすぐに解決するであろうラバーカップやローポンプを使用しての作業、それでも解消しない場合は異物流れの可能性が高いので便器を取り外して異物を除去する便器脱着作業、この2段構えで作業することをご了承頂き、取りかかりました。ローポンプは注射器と同じ原理で、水を吸ったり吐き出したりすることができる詰まり除去用の道具です。便器内に押し当ててピストンを引いたり押したりと、詰まりに対して圧力をかけたり引っ張ったりして詰まりを解消させます。通常数回試みればすぐに解消するのですが、何回試みても流れていきませんでしたので異物の可能性が高まりました。担当者様に状況を報告して、次の段階、便器の取り外しに移りました。便器の上のタンクと便座を取り外し、便器の固定ネジを取った後ひっくり返しました。便器内には何もありませんでしたが、便器と排水管をつなぐ排水ソケットという土台の部分に詰まりの原因を発見しました。今回の詰まりの原因は、手洗場に設置してある手拭き用のペーパーでした。トイレを使用する前に手を洗い、拭いた紙を丸めてトイレに入れて流してしまったのかも知れませんね。排水管へ落とさないように慎重に取り除いて、便器を元に戻し、タンクと便座を設置して給水管と接続してトイレ内の簡易清掃をして、無事復旧となりました。不特定多数の人が使用するトイレでは、異物を流したことによる詰まりのケースは非常に多く、詰まり方も様々です。ラバーカップなどで無理矢理流してしまうと、その先の排水管で二次被害を引き起こす可能性があるため、原因に合わせた修理方法が必要となりますね。