袋井市久能 店舗便器脱着作業

袋井市久能  店舗便器脱着作業
本日は、飲食店のトイレ詰まりトラブルの修理、トイレの脱着作業の事例をご紹介します。袋井市の飲食店オーナー様からお電話を頂き、トイレの詰まり修理のご依頼を頂きました。営業時間中のようでしたが、できるだけ早い解決をご希望とのことでしたので、急いで向かいました。店舗に到着後、トイレを見させて頂きながらお話しをお聞きすると、夕方に突然流れなくなってしまったとのことで、スタッフの皆さんでラバーカップを使って作業をされたそうですが解消しなかったとのことでした。飲食店のような不特定多数の人が使用するトイレの場合、様々な詰まりの原因が考えられるため、安易に押し流してしまうのも危険な場合があります。一度トイレを流して流れ方を見てみると、便器内の水位が上昇した後、すぐに水位が下がって水が無くなりました。しかし、トイレットペ―パーを入れて流してみても、水が渦を巻いておらず、トイレットペーパーが飲み込まれずに浮かんでいました。水位が下がっていくということは、詰まってはいるのですが水が流れる隙間がある状態、しかしトイレットペーパーのような形がある物は流れていかないという詰まり方でした。このような流れ方の場合、本来流してはいけない異物が入ってしまっている可能性が考えられ、固形物で隙間があるのだと想定されます。異物が原因の詰まりだった場合、ラバーカップなどで無理やり圧力を加えて押し流れてしまうと、排水管のさらに先の方で詰まりを引き起こし悪化させてしまうこともありますので危険です。他のトイレや屋外の排水マスは正常でしたので、問題となっているトイレだけの詰まりのようでした。オーナー様に状況をご説明して、異物詰まりの可能性があるので、トイレを一度解体して詰まりの原因を取り除く作業を行うことになりました。便器の上には温水便座とタンクが載っていますので、それらを最初に取り外す必要があります。廊下に養生をし、タンクと温水便座を外して廊下に避難し、便器だけの状態になりました。便器の固定金具を外してひっくり返すと、詰まりの原因が目で確認できました。便器が差し込まれる排水管側、排水管の入り口部分にライターが引っかかっていました。オーナー様にも確認して頂いて、ライターを取り除き、トイレを元に戻して作業は完了しました。排水管入り口部分に横向きで引っかかっていましたが、ラバーカップなどを使用して向きが変わって縦方向になっていたら排水管内に流れてしまったかも知れません。床下の排水管の曲がり角などで引っかかってしまうと取り除くのは非常にやっかいになります。無事に異物を回収することができて、よかったです。