菊川市下平 タンク内部品交換

菊川市下平  タンク内部品交換
本日は、築20年程の戸建住宅のトイレでの水漏れトラブル、タンク内部品交換修理の事例をご紹介します。菊川市のお客様からトイレの水漏れについてのご相談を頂きました。水道使用量の検針の際に漏水していることが判明し、どこで漏水しているかを調べてもらったそうで、トイレの修理をお願いしたいというご相談でした。さっそくお客様宅へお伺いして水漏れの状況を見させて頂きました。便器内の水面がユラユラと動いていて水漏れしていることがすぐにわかりました。一度止水栓で止水してタンクのフタを開けると、タンク内に水が溜まりすぎていました。通常タンク内の水位は既定の量に保たれるように設定されているのですが、既定の量を超えて溢れてしまい、その溢れた分が便器へと常に流れ出てしまっていました。このようにタンク内の水位に異常がある場合はボールタップという部品がしっかりと機能していない事が原因で、経年の劣化により起こります。お客様に今までの修理歴をお聞きすると、建物が建ってから一度も部品交換や修理をしたことがないそうで、20年近く使用しているようでした。一般的にはタンク内の部品の耐用年数は10年前後と考えられていますが、今回のお客様のトイレは2倍近くもったと言うことができますが、水漏れを起こしていますので本来の役割を果たせない程限界状態とも言えます。タンク内にはもう一つ大事な役割を担う排水弁という部品もあり、そちらも長年の使用により傷んでいましたので、お客様に確認して頂きました。これからもこのトイレを長く使っていきたいというお話しでしたので、今回の修理ではボールタップと排水弁の両方とも新しい物に交換して、トイレが新品だった頃と同じように機能するように復元することになりました。排水弁はタンクを内側から貫通していますので、一度タンクを取り外して底面から外して交換する必要があります。タンクを外す機会はなかなかありませんので、この機会に壁やタンクの裏面などに付着したホコリやカビなどをきれいに掃除しながら部品を交換して戻していき、作業は30分程で完了しました。こういった部品は使用頻度や経年により少しずつ劣化していく消耗品ですので、定期的に交換してあげる必要があります。目安としては10年前後ですので、水漏れや不具合のトラブルに遭う前に早めの交換をお勧めします。