静岡市清水区三保 トイレタンク部品交換

静岡市清水区三保  トイレタンク部品交換
本日は、築14年の戸建て住宅のトイレの水漏れ修理案件、タンク内の部品交換修理の事例をご紹介します。清水区のお客様からトイレの水漏れ修理についてご相談を頂きました。トイレの床に水溜りができている時があり、以前から気になっていたそうですが、水道検針の人から漏水していませんか?と質問があり、水道料金が上がっていると報告があったようで、修理をご希望でした。検針の人は毎回の水道使用量を確認していますので、使用量が著しく上がった時などは確認されることがあります。生活するご家族人数が増えたりしていなければ漏水の可能性があるので確認するわけですね。お客様宅にお伺いして詳しく見させて頂きました。到着し、水道メータを確認すると少しずつですが、水が使用されていることが見て確認できました。家の中の蛇口は全てしまっている状態で、問題となるトイレの止水栓を閉じ、再度メーターを確認すると水の使用が止まっていました。トイレでの水漏れは確実のようですので、しっかり調べていきました。タンクのフタを開けて内部を点検、床への水漏れがどこから来るのか、他に漏水している箇所がないかを調べると、複数個所で水漏れが見つかりました。一つ目はタンクの水を流すと、タンクと便器の境目から水が漏れ、便器を伝って床に水が垂れていきました。床の水溜りはこの部分からの水漏れで間違いないようでした。二つ目はタンク内の部品やパッキンが経年の劣化により不具合を起こしていました。水道からの水の補充が終わっても、しっかりと止めることができず、タンク内に水が溢れかえっていました。溢れた分は便器へと捨てられていきますので、使用していない時も少しづつ便器へと水が流れ出て水道料が上がってしまったと考えられます。今回は、便器とタンクの間の部分のパッキンと、タンク内の部品の交換で水漏れ修理が可能でした。お客様に状況をお話しして、タンクを外しての部品交換作業となりました。排水弁と呼ばれるタンクを貫通する部品はタンクの底面にあり、タンクの内側と外側にそれぞれゴム製のパッキンを入れて固定されています。タンク内に溜まった水は、この部品を通過して便器へと流れていきますので、パッキンがしっかりしていなければ今回のように外に水が漏れてしまいます。また、タンク内のゴム製の部品は常に水道水の塩素に晒されていますので、少しずつ溶かされていきますので、定期的に交換する必要がある消耗品です。築14年ということでしたので、次は10年後くらいを目処にメンテナンスをお勧めさせて頂きました。