富士市国久保 ローポンプ作業

富士市国久保 ローポンプ作業
本日は、雑貨店に設置された洋式トイレの詰り修理案件をご紹介します。お客様より修理のご依頼を頂いたのがお昼を少し過ぎたころでした。電話の内容ですと、こちらのトイレは男女共用のトイレで、お客様の使い方に問題がある為なのか、頻繁に詰まりを起こしてしまうそうです。トイレが詰まる度にお店の方が市販されているラバーカップを使い詰りを除去してきましたが、今回はラバーカップを行っても詰りが解消されない為、専門の修理業者を呼んで直す事にしたそうです。トイレは一ヶ所しかない為、できるだけ早く来て欲しいと言われましたので早速修理に向かいました。お店の方が掃除をしてくれてあったのか、便器内はとても綺麗で汚物の付着などは有りませんでした。テストの為、タンク内の水を少しずつ便器内に流していきます。水は流れていく事は無く、徐々に便器内に溜まっていきました。やはり詰まっている様です。お店の方がよく詰まると言っていましたので、外の排水管側での詰りの可能性があると思い、排水マスの点検を行うこととしました。トイレ出口付近に設置された排水マスの蓋を開けて点検しましたが、特に異常は有りませんでした。念のために、最終マスまでの排水マス内の点検も行いましたが、どこも詰りは確認できませんでした。この時点で今回のトイレ詰りは、排水管側ではなく、便器側での詰りであることが解りました。便器内の詰り修理ではローポンプと呼ばれる水圧を掛けて詰りを除去する機械が有効です。作業時間も短く、作業代金も比較的安く済みます。しかし、ローポンプでは、ペーパーや便等の水に溶ける詰り物に対してはとても威力を発揮するのですが、ボールペンやプラスチック等の水に溶けない異物に対しては効果が出ません。その場合は便器を脱着して直接異物を除去しなくてはなりません。
一般家庭ではトイレを使用する方がほぼ限られていますので、ある程度家族の方に聞き込みをすれば、詰まっている物の予想はできますが、今回は雑貨店で、若い方からご年配の方まで幅広い年齢や性別の方が使用するトイレですので予想ができません。今回の修理をローポンプか脱着か迷いましたが、トイレが一ヶ所しかなく、修理にあまり時間が掛けられませんでしたので、先ずはローポンプ作業から行う事にしました。ローポンプで詰りが解消できない時は便器の脱着を行います。ローポンプで便器内に水圧をかけてみると、感触的に重い感じがしました。ペーパーなどががっちり詰まっている様な感触です。2分位ローポンプで水圧をかけていたらようやく詰りを除去する事が出来ました。便器内にボールペンなどの異物が残っていない事を確認する為にぺーパーを何度か流し問題なく流れる事を確認し作業終了となりました。