沼津市岡一色給水管水漏れ修理

沼津市岡一色給水管水漏れ修理
今回は飲食店様の厨房内シンク下に設置されている、給水管からの水漏れ修理の依頼を紹介します。
店舗様の要望で営業中でしたが修理することになりました。
急ぎ現場に向かい厨房内を見てみると凄い音がしました。お水が凄い勢いで噴いています。とりあえずこれはいけないと思い厨房下に止水栓で水を止める事にしました。
水を止め点検してみるとお水の部分を分岐させて蛇口を二つ使えるようにしていました。二つに分岐している片方から水が漏れていたため、調べてみるとフレキ管の接続部分から漏れていることがわかりました。
おそらくパッキンの劣化による水漏れだと思い一度フレキ管を外してパッキンを調べてみました。するとパッキンが古くなっていたため、フレキ管にへばり付いてしまい、取り外すとボロボロに砕けてしまうような感じでした。
従業員の方に現状を説明しパッキンを交換して終了しました。
フレキ管とは、水が通っている管(給水管といいます)と給水管の間を繋ぐ物です。よく使われているヵ所が給水管と蛇口の間使われています。台所や洗面台の下の扉を開けて覗いてみると分ります。材質はステンレスでできているので腐食しにくいです。
フレキ管も長年使っていると、腐食してきます。あとフレキ管自体が割れてしまい隙間ができ、その隙間からお水が漏れます。
今回の修理内容として、フレキ管が割けてしまっているのでフレキ管を新しい物に替え、取付けて完了です。
フレキ管が腐食してくると腐食した部分が弱くなり管が割けてお水が漏れてきますので、その時は一度、劣化した部分を切断して取付け直す事により、また使えることもあります。
フレキ管はご自分でも交換できます。お近くのホームセンターで数百円からご購入できます、長さも色々ありますので場所にあった長さを選ばれるといいと思います。もし工具をお持ちの方がいらしたらご自分で交換するのもいいかもしれません。
それでも難しい方がいらしたら一度当社にご連絡ください。