給湯機回り配管修理

静岡市駿河区曲金店舗給湯管水漏れ修理
一般のお客様から外の水の管から水がもれているとの事で呼んで頂きました。
急ぎ現場に到着してみると外にある給湯機から伸びている給湯管から水が噴いていました。
詳しく点検する為に水を外にある止水栓を締め調べてみると、管の繋げ目から水が噴いていることが解りました。
鉄管がだいぶ錆びて劣化していましたが、今回はパッキンの交換のみで修理ができました。
鉄管の寿命がおよそ25年位と言われています。
鉄管が経年劣化によって錆びて穴が開いてしまったらパッキンの交換では修理ができません。
万が一穴が開いて水漏れを起こしてしまった場合は、塩ビのパイプにやり替えが簡単にできますので
一部塩ビパイプへのやり替え修理をお勧めします。
その時は一度ご相談ください。