焼津市 台所蛇口水漏れ修理
水道修理後

焼津市石津 台所蛇口交換作業

本日は、戸建住宅の台所で起きた蛇口の水漏れトラブルについて、蛇口本体の交換作業の事例をご紹介します。焼津市のお客様から台所の蛇口の水漏れが酷いので見て欲しいというご相談を頂きました。13年程前に中古で購入した建物で、これまでの修理歴も不明だということでした。以前から水漏れしている状態で、様子を見ていたそうですが、最近どんどん悪化してきたとのことでした。お伺いして詳しく見させて頂きました。シンクの下にビルトインタイプの浄水器があり、その浄水器と連動しているレバー式の混合水栓でした。レバーを下げても水の止まりが悪く、ポタポタと水が垂れてしまう水漏れでした。レバー式の蛇口でのこういった水漏れの原因は、蛇口内部にあるカートリッジという部品の経年と消耗による劣化と推測されます。通常でしたら、その蛇口の内部にあるカートリッジと同じものを取り寄せて交換修理すれば解決なのですが、今回の蛇口はMYMという刻印が入った蛇口で、このメーカーさんはもう既になくなってしまっています。MYM製品の一部をKVKというメーカーさんが取り扱っていますので、問い合わせる必要がありましたが、お電話を頂いてお伺いしたのは祝日が絡んだ3連休の初日で、あいにく3日後までメーカーには連絡がつかない状況でした。問い合わせの後、必要な部品の取り寄せをするとして、商品が到着するまでに3~4日はかかってしまいますので、実際に交換修理できるのはお伺いした日から1週間以上後になってしまいます。今回のお客様は土日休みのお仕事をされているようで、私がお伺いしたその日に解決したいと考えておいでの様でした。部品交換修理の選択肢はやめ、蛇口本体を交換する方法をご希望されました。蛇口のカタログをお見せして、どのような蛇口を設置されたいかお話をお聞きしました。浄水器内蔵タイプでシャワーにもなる蛇口をご希望でしたので、車に常備している蛇口を見て頂くと、気に入って頂けましたのでその蛇口への交換作業をそのまま開始することになりました。台所のレバータイプの蛇口の交換作業はおおよそ1時間程で完了しますので、お忙しい方でもちょっとした時間を割いて頂ければ交換が可能です。水漏れもなくなり、新しい蛇口での生活がスタートできたと喜んで頂くことができました。