静岡市駿河区東新田 店舗高圧洗浄作業

静岡市駿河区東新田  店舗高圧洗浄作業
本日は、静岡市駿河区の店舗にて起きた排水管の詰まりトラブルについて、高圧洗浄機を用いた詰まり修理の事例をご紹介します。駿河区の店舗から緊急の詰まり修理のご依頼を頂きました。建物内のトイレや手洗い器など複数個所が同時に流れない状況になってしまったようで、現場へ急行して詳しく見させて頂きました。まず初めに建物内の状況としては、男性用トイレには小便器と大便器と手洗器がそれぞれ1台ずつ、女性用トイレには大便器と手洗器が2台ずつあり、全てが流れずに水が溜まってしまう状態でした。複数のトイレや手洗が同時に詰まりを起こしてしまっているという状況の場合は、それらが合流した先、下流側に詰まりの原因があると考えられます。屋外へ出て排水経路を調べていくと、排水マスには特に詰まりや異常は見られませんでしたので、建物内から屋外排水マスまでの間で詰まってしまっていると思われました。このように土中に配管されている排水管内部で起きている詰まりを除去するためには、いくつか方法がありますが、今回は高圧洗浄機を用いた詰まり除去作業を行うことになりました。圧力ポンプや金属ワイヤーなどを使用する詰まりの除去作業では、詰まりを一時的に解消することはできるかも知れませんが、排水管内部の付着物や汚れの蓄積物を全て除去することまではできません。高圧洗浄作業は、加圧ポンプによって強い圧力をかけた水を排水管内部に噴射することによって、溜まっている物を細かく粉砕して洗い流す作業で、詰まり除去作業の中で最も強力で確実な方法です。屋外の排水マスから屋内方向に向けて洗浄ホースを進ませて、内部を洗浄していきました。しばらくすると洗浄ホースが何かに当たり進まなくなったため、その付近を行ったり来たりさせていると、詰まりの原因と思われる物、大量のトイレットペーパーが集まって大きな塊となって流れてきました。排水管の直径がおよそ10cmで、塊の長さがおよそ30cm程ありましたので、相当な量が溜まってしまっていましたね。どのような経緯でトイレットペーパーがここまで蓄積してしまったのかは不明ですが、この先も同様な詰まり方が起きるようであれば排水管内部に何かしら異常が存在する可能性が高くなりますので、様子を見て頂く必要があります。無事、溜まっていた物は全て流れて行き、排水管内部もキレイになり、トイレや手洗器も問題なく流れるようになりました。作業時間はおよそ1時間程でした。