島田市本通 トーラー作業

島田市本通  トーラー作業
本日は、店舗の厨房にて起きた排水詰まりのトラブルについて、トーラー機を使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。島田市の飲食店オーナー様から緊急の詰まり修理のご依頼を頂きました。お店は営業中ですが水を使用すると排水が厨房内の床上に溢れてきてしまうため、できるだけ早い修理をご希望とのことでしたので、お電話のあと大急ぎで現場へ向かいました。食器を洗うためのシンクの排水が溢れてきてしまうようでしたので、油カスが原因の詰まりの可能性が非常に高いと思われました。高圧洗浄機を使用した排水管の洗浄を長いこと行っていないというお話をお聞きしましたので、今回の詰まり除去にも高圧洗浄機を用いた方が良いと思ったのですが、残念ながら今回は高圧洗浄機を使用することができませんでした。当店が常備している高圧洗浄機はガソリン駆動式のものなので、一酸化炭素の排気ガスがでるため屋内に機材を設置して作業は行うことができません。通常は、建物の外に機材をセッティングして、洗浄ホースを屋外から屋内の作業場所まで引き込んで作業を行うのですが、今回問題が起きている厨房には屋外へのアプローチがなく、店舗正面入り口から厨房までかなりの距離があり、持ち合わせているホースを総動員しても届かなかったからです。屋内で使用できる電気式の高圧洗浄機を手配するには時間がかかりますし、今回は急ぎで詰まりを解消しなければいけない状況でしたので、高圧洗浄機ではなく、トーラー機を使用した詰まりの開通作業を行うことにしました。高圧洗浄作業は詰まり除去において最も強力で最適な方法で、排水管内部の汚れや付着物を根こそぎ粉砕して洗い流す作業なのに対して、トーラー作業は排水管内部に金属のワイヤーを入れていき詰まり箇所に穴を開けて開通させるという作業なので、あくまで応急的な処置になってしまいます。今回は短い時間でなんとか開通できて溢れずに流れるようになりましたが、排水管内部にはまだまだ付着物が残留している可能性がありますので、余裕のある時に高圧洗浄作業を行うことをお勧めしました。また、前日に詰まりを解消させようとシンクの排水口から棒を突っ込んで試行錯誤されたそうで、シンク下の蛇腹ホースに穴が開いてしまっていました。蛇腹ホースは柔らかいビニール素材ですので、排水口から突くと簡単に突き破ってしまいます。水まわりで不具合が起きた際は、無理はせずに、まずはご相談ください。