島田市道悦島 高圧洗浄作業

島田市道悦島  高圧洗浄作業
本日は、島田市の大型店舗で起きたトイレの詰まりトラブルについて、高圧洗浄機を用いた詰まり修理の事例をご紹介します。島田市の店舗から緊急の詰まり修理のご依頼を頂きました。従業員用の和式トイレが詰ってしまっているようで、できるだけ早く見に来て欲しいというご相談でした。大急ぎでお伺いして状況を詳しく見させて頂きました。建物内の水まわり全体をくまなく見させて頂いた所、従業員用の和式トイレの他にも、来客用トイレ数台と手洗いなども排水不良を起こしていることが判明しましたので、トイレ内部の詰まりではなく、それらが合流した先、下流側に詰まりの原因があると考えられます。屋外へ出て排水経路を調べていくと、屋外の排水マスのいくつかが汚水で満たされてしまっている状態でした。大きい建物だったので、一番奥まった排水マスから敷地外へ出ていく最終マスまでは50mほどの長距離だったのですが、その内、汚水で満たされてしまっている範囲は20mにも渡っていました。屋外で詰まりが発生したことで、排水が溜まってしまい、建物内からの水が流れづらくなり、従業員用のトイレで異常が発見されたということですね。このように土中に配管されている排水管内部で起きている詰まりを除去するためには、いくつか方法がありますが、今回は溜まっている汚物の量も多かったため、高圧洗浄機を用いた詰まり除去作業を行うことになりました。圧力ポンプや金属ワイヤーなどを使用する詰まりの除去作業では、詰まりを一時的に解消することはできるかも知れませんが、排水管内部の付着物や汚れの蓄積物を全て除去することまではできません。当店の高圧洗浄作業は、ガソリン駆動式の加圧ポンプによって強力な圧をかけた水を排水管内部に噴射することによって、溜まっている物を細かく粉砕しながら洗い流す作業で、詰まり除去作業の中で最も強力で確実な方法です。汚水の溜まっていない排水マスから上流側に向けて洗浄を開始すると、溜まっていた汚物が掻き出されて流れていくのがしばらく見えました。詰まり部分が開通したのか、上流に溜まっていた汚水が一気に流れていくようになりましたが、排水管内部には汚物の付着が残っていますので、汚水の通過を待ってから洗浄作業を再開しました。距離が長かったので1時間以上洗浄作業をしていましたが、排水管内の汚れはすべて除去し終わりましたので、トイレの流れ方を確認してみると、勢いよく快調に流れていきました。距離が長いので、1回のトイレの水量では最終マスまで運べずに途中で止まってしまい、それらが溜まってしまうと詰まりの原因になりますので、定期的に大量の水を流す必要があることをご説明させて頂きました。