掛川市板沢 高圧洗浄作業

掛川市板沢 高圧洗浄作業
本日は、築30年ほどの戸建住宅にて起きた台所排水の詰まりトラブルについて、高圧洗浄機を使用した排水管の詰まり除去作業の事例をご紹介します。掛川市のお客様から台所の水漏れについてご相談を頂きました。台所で水を使用すると流し台と床の間から水が漏れてくるという状況のようで、水を使用しなければ漏れてこないとのことでしたが、臭いも気になるので一度詳しく見て欲しいというご相談でした。お客様宅にお伺いして台所を見させて頂くと、台所の収納扉を開いた時に排水の臭いを強く感じましたので、排水の詰まりによる溢れトラブルなのではないかと思いました。シンクの下の排水蛇腹ホースはそのまま床下への排水管へと接続されていますが、床下の排水管にホースが挿しこまれているだけなので、排水管の方で詰まりが発生すると排水管内部が排水で満たされて、ホースの差し込み口部分から溢れてしまいます。照明で照らしながらホースの差し込み口を確認すると、排水管内部が水で満たされていることが確認できました。排水管は床板よりも数センチ上まで立ち上がっていますので、溢れた水は床の上に広がり、流し台の下に広がって隙間から染み出てキッチンマットを濡らしたという状況ですね。問題の詰まりがどこで起きているのかを調べるため屋外へ出て屋外排水マスを探すと、台所のすぐ外側にモルタル製の丸いフタがありました。フタを開けて内部を見ると排水で溢れかえってしまっていましたので、さらに下流側の排水マスのフタも開けていくと、溢れていないマスを発見しました。この建物の場合、台所の横に洗面所とお風呂があり、角を曲がってトイレという配置でしたが、台所と洗面所の排水マスは排水で満たされていて、お風呂の排水マスは正常な状態でした。このことから、お風呂の排水マスと洗面所の排水マスとの間で詰まりが起きているということがわかります。お客様に現状を見て頂き、今回は高圧洗浄機を用いて詰まりの除去と汚水で満たされた排水管内部の洗浄作業を行うことになりました。高圧洗浄とは、加圧ポンプによって強力な圧力をかけた水を排水管内部に噴射することで、内部に付着した汚れや詰まりの原因物を細かく粉砕して洗い流す作業です。機材をセッティングして溢れていないお風呂の排水マス側から上流へ向けて洗浄を開始すると、台所から出る油汚れが主な原因のようで、クリーム色に濁った排水がどんどん出てきました。しばらく洗浄していると詰まり箇所が開通して、溜まっていた排水が一気に流れて行きました。しかし、付着物はまだまだ残っていますので、念入りに洗浄作業を続けることおよそ1時間ほど、濁りはなくなり透明な水しか流れない状態になり、作業を完了しました。集合住宅でも戸建住宅でも、排水管には年数に応じて汚れが付着して蓄積しますので、定期的に排水管を洗浄する必要があります。流れの悪化や臭いが気になったら、完全に詰まって溢れを起こす前に洗浄することをお勧めします。