掛川市 水栓柱交換

水道修理後

掛川市 水栓柱交換

掛川市成滝 水栓柱交換工事

本日は、戸建住宅にて起きた水栓柱の破損トラブルについて、応急処置だけしてあった水栓柱の本体交換工事の事例をご紹介します。掛川市のお客様から屋外の蛇口を新しい物に交換したいので見に来て欲しいというご相談を頂きました。実際にお客様宅へお伺いして詳しいお話をお聞きしました。以前、外壁に立てかけていた荷物が倒れて、水栓柱が折れてしまったそうでした。その時は近くの知り合いの方に直してもらったそうですが、頃合いを見てしっかりと直したかったという状況のようでした。折れてしまった塩化ビニールのパイプを切って、延長して蛇口を壁に固定するように直されていましたが、パイプはむき出しであくまで応急処置といった状態でした。同等の水栓柱を取り寄せて、後日交換工事を行うことになりました。水栓柱は土の下で水道管とつながっているため、見えている部分よりも長さがあり、深くまで埋まっています。その一番下まで掘り起こして撤去するひつようがあるため、周辺を掘り起こすのですが、アスファルト舗装されていますのでまずはアスファルト部分のハツリ作業からになります。掘り起こす範囲を決めてアスファルトを切断・ハツリ、アスファルトを取り除きました。土を掘り出しますが、再び埋め戻すことになるので、離れた場所に一時保管しておきます。水栓柱の最深部まで掘り出して水道管とのつながりを切断、既設の水栓柱を全て取り除きました。手配した新しい水栓柱を土中の水道管に接続した後、水栓柱が動かないように壁に固定、蛇口を水栓柱に取り付けました。掘り返した土を踏み固めながら少しずつ埋め戻しました。アスファルトを補修して工事は完了です。水栓柱は塩化ビニールのパイプの周りに樹脂製のカバーが被さっている構造なため、見た目よりも固くはなく、強い衝撃で折れてしまうことがあります。水栓柱が駐車スペースの近くにある場合は車で押し倒してしまうケースや、屋根からの落雪によって壊れてしまうケースなどが起きています。寄りかかったり、上に立ったりしても折れる可能性がありますので注意が必要ですね。水栓柱が折れると、末端の蛇口ごと無くなる事になりますので、勢いよく水柱が立ちます。焦らずに水道メーターを探して止水をし、気持ちを落ち着かせてから修理のご依頼をしてください。