静岡市駿河区国吉田トイレ脱着作業  お客様の声

静岡市 店舗トイレ詰まり修理
駿河区のお客様からお電話にてトイレ詰まりの修理についてご相談を頂きました。お客様は店舗改装作業をしている業者さんのようで、改装作業中にお店のトイレを詰まらせてしまったので、修理して欲しいというご相談でした。色々と試してはいるそうなのですが解消しないとのことでしたので、そのまま置いておいて頂き、早速お伺いして状況を見させて頂きました。一度水を流して見てみると、便器のフチまで水位が上がった後、すぐに水が減っていき、便器内の水が全て無くなるほど水位が下がりました。このような流れ方の時は、水に溶けない異物が内部に残っている可能性が高まりますので、無理矢理に押し流して排水管内に異物を落としたりしないように、トイレを解体して異物を直接除去する方法で修理を行うことを提案させて頂きました。流れ方を見ただけでは内部に何があるかまではわかりませんが、床の下に配管された排水管に落ちて下流の方で引っかかってしまうと修理はさらに困難になりますので、便器の内部にある内に取り出すことが大事です。便器の上に載っているタンクと洗浄便座を取り外して、床に固定された便器を外してひっくり返すと、便器の出口部分に詰まりの原因が発見できました。トイレットペーパーの塊でしたが、解してみると中からプラスチック製の小さな板のような物が出てきました。トイレを使用した際に、ポケットなどから部品が落ちてしまい、そのまま気付かずに流してしまったのかも知れませんね。ラバーカップなどを使用して、無理矢理に流してしまっていたら、コンクリートで埋設された床下の排水管の曲がり角などでまた引っかかり、大変な事になっていたかも知れません。便器内に残留物がないことを確認後、トイレを全て元に戻して修理は完了でした。

お客様の声
インターネットで色々と調べて自分たちで解決できないかと試したのですが、作業の様子や、どのように詰まっていたかも見させて頂きましたが、自分たちにはとてもできない作業だと痛感しました。お店側にも迷惑をかけるわけにいかなかったので、本当に助かりました。ありがとうございました。