菊川市月岡浴室蛇口交換 お客様の声

菊川市浴室蛇口水漏れ修理
菊川市のお客様から浴室のシャワーが止まらなくなったというご相談を頂きました。電話で蛇口について詳しくお聞きして、一時的に水とお湯を止めることができる止水栓の締め方をお伝えし、急いでお客様宅へ向かいました。壁に付くタイプの混合水栓で、温度調節のハンドルと、カラン・止水・シャワーの切替ハンドルの2つが付いたサーモスタット式の蛇口でした。締めて頂いた止水栓を開いてみると、シャワーから勢いよくお湯が出ていて、切替ハンドルをどこに回してもシャワーからのお湯は止まらず、切替ができず空回りしているような状態でした。まずは玄関外のパイプスペース内の水道メーター周辺で部屋全体の水を止水をして、蛇口を分解して詳しく点検しました。切替ハンドル内部から切替バルブユニットという部品を取り出して見てみると、回転する軸が折れてしまっていることがわかりました。この部品はサーモスタット式蛇口にとても重要な2つの部品の1つで、水の出し止めと、カランとシャワーの切替をするための部品です。樹脂製のパーツと筒状の金属、ゴム製のパッキンが複数組み合わさった部品なのですが、日々の使用により少しずつ劣化・摩耗していってしまう、いわゆる消耗品です。今回は回転する軸が折れてハンドルとの連動がなくなり、空回りしてしまったという状態でした。シャワーを出している状態で空回りするようになってしまったため、ハンドルを元に戻すことができず、止められない状態になっていました。こういった消耗部品の耐用年数は一般的に7~10年と言われています。一度もメンテナンスをしたことがなく、使用年数も長いそうで、カランパイプもだいぶグラついていて気になっているというお話しでした。部品の交換による修理も可能でしたが、お客様は新しい蛇口への交換をご希望でした。当店にて常に常備しているサーモスタット水栓を気に入って頂けましたのでそのまま交換作業をさせて頂きました。壁付きタイプの蛇口は30分から1時間ほどで交換が可能ですので、実際にお客様宅に到着してから1時間ちょっとで問題は全て解決した結果になります。

お客様の声

水まわりの修理というと、一度状態を見に来て、実際の作業は後日になるものだと思っていたので、何日かシャワーが使えなくなるのはとても不便だなあと心配していました。みずがめ水道さんはその場ですぐに解決してくださったので、すぐに蛇口が使えるようになり、感謝の言葉しかありません。良くして頂いて、本当にありがとうございました。