富士市中野トイレ部品交換  お客様の声

富士市中野 トイレ部品交換
富士市のお客様からトイレの水が止まらないという急ぎのお電話を頂きました。電話にて止水栓による止水をご説明して、一時的に止めることができたようなので、そのままお待ち頂き、急いで駆けつけました。お客様宅に到着し、タンクのフタを取り外しながらお客様にトラブルの起きた時の状況を詳しくお聞きしました。ご入居からずっと15年程使用しているトイレで、今回が初めてのトラブルとのことでした。トイレを流した後、通常であればしばらくして水が止まるはずですが、ふと気づくと、水が止まっておらず、流れっぱなしになっていたそうでした。何が起きたのかとタンクのフタを空けようとした所、勢いよく水が噴き出したので慌ててタオルで押さえフタを戻したとのことでした。トイレのタンクのフタを開ける際は、必ず止水栓などの元栓で水を止めてから開けないと、思わぬ部品が外れたりして被害が大きくなったりしますので注意が必要ですね。今回、水が止まらずに流れっぱなしになってしまった原因は、タンク内にある部品の経年の劣化によるものでした。ボールタップというタンク上部に付いている部品の劣化で、既定の水量がタンク内に溜まっても水道からの給水を止められなくなっていて、タンク内に水を入れ続けてしまう状態になっていました。一度もメンテナンスをせずに15年使用ということでしたので、タンクの底の方に付いているフロートバルブというゴム製の玉も劣化していて、表面はドロドロに溶けていました。タンク内の部品の劣化状況について一つ一つご説明し、劣化している部品を一通り交換することになりました。修理に必要な部品は、車に常に準備をしている部品で対応できましたので、そのまますぐに修理開始し、修理はすぐに完了しました。

お客様の声
トイレから水が噴き出して大慌てでしたが、電話で止め方も教えて下さいましたし、すぐに来て下さって本当に助かりました。こういったトラブルは突然起こるので、すぐに対応して頂けるかどうかはとても重要だと思います。また何か困った事が起きた時は一番に相談したいと思う、頼りになるスタッフさんでした。ありがとうございました!