静岡市清水区折戸トイレタンク部品交換 お客様の声

静岡市 トイレ水漏れ修理
本日は、一般住宅で起きたトイレの水漏れトラブルについて、トイレタンク内の部品交換修理の事例をご紹介します。清水区にお住いのお客様よりメールにてお問合せを頂きました。水道局の検針員の方から水漏れの疑いがあるので調べて修理した方がよいと言われたそうで、漏水調査をお願いしたいというご相談でした。都合のよい日時にてお客様宅を実際に見させて頂くことにしました。どのお宅にも水道メーターが設置されていて、水が使用されるとその使用量が表示されるようになっていますが、意図的に水を使用しなくても、漏水している状態では常にメーターが動き続け値が増え続けているので、意図的に水を使用していない状態で水道メーターを確認することで、漏水の有無がわかります。確かにどこかで水が漏れている事が確認できましたので、敷地内の水まわりを一つ一つ点検していくと、トイレで水漏れを発見しました。便器の水面がユラユラと揺れており、常に水が少しずつ流れ続けている状態でした。止水栓にて一度止水をして、再度水道メーターを確認しに行くと、メーターの動きが止まっていましたので、水漏れが起きているのはトイレだけだということが判明しました。タンクのフタを外して内部を確認すると、タンクの中には、既定の量を超える程の水が溜まっていて、その過剰な分の水が便器へと流れ続けてしまっていることがわかりました。タンクの中にはトイレを洗浄するための水を溜めて使用しますが、内部に溜まる水量には決まりがあり、便器の種類によって異なります。しかし、今回はタンク内の水量調節を担うボールタップという部品が正常に働かず、十分に水が溜まっているのに、水道からの水の補充を止めることができなくなってしまっていました。水漏れの原因と部品の劣化状況をお客様に確認して頂き、今回は劣化して問題を起こしているタンク内の部品交換という方法にて修理をすることになりました。こういった修理部品は常に車に常備していますので、その場で修理が可能です。およそ30分程で修理が完了し、トイレの水はピタッと止まるようになりました。今まで余分に発生してしまっていた水道料金については、当店のような指定工事店から水道局に対して修繕報告をすることで減額してもらえることがあります。ご自分でDIYで直された場合は減額申請できませんので、水道代が上がってしまった場合は、ご自分で直す前にぜひ当店にご相談ください。

お客様の声
水道代が5千円ほど上がってしまい、どこで漏れているかもわからない状況でしたが、家の中を一つ一つ丁寧に調べて問題を見つけて下さいました。水道修理は高くつくイメージを持っていましたので心配していましたが、修理代も想像していたよりも安く済んたので、お願いして本当によかったです。ありがとうございました。