藤枝市内谷 高圧洗浄作業

藤枝市内谷  高圧洗浄作業
本日は、築30年程の戸建て住宅で起きたトイレの詰まりトラブルについて、屋外排水管詰まりの高圧洗浄作業の事例についてご紹介します。藤枝市のお客様からトイレが詰まってしまったとお電話を頂きました。トイレは数年前にリフォームしたそうですが、ここ最近流れ方がおかしいと感じていらっしゃったとのことでした。詰まりの状況を詳しく見させて頂くため、お客様宅へ急行しました。トイレにご案内頂き、流れ方をみると、特に異常は感じませんでした。詳しくお話をお聞きすると、流れるときと流れない時があるそうで、流れない時は便器の鉢内に水が溜まってなかなか無くならず、時間が経っていつの間にか無くなっているといった状態だったようでした。様々な詰まりを見てきましたので、このような流れ方の場合は、異物を流してしまって便器内に残っているか、トイレから離れた場所で詰まりを起こしているか、といった可能性が高いと思いました。一度屋外へ出て、排水マスを探しました。こちらの建物は屋外に浄化槽が設けてあり、トイレの排水が浄化槽へと向かっていました。屋内のトイレと浄化槽の間の排水管が汚水で溢れてしまっている状態でした。浄化槽の内部を確認すると、溜まっている上流の排水は少しずつしか出て来ていない状態でしたので、トイレと浄化槽の間の排水管内部で詰まりが起きているという事が判明しました。このような手の届かない土中の排水管内での詰まりは手作業での開通は困難なため、道具や機械を使用します。お客様と相談し、今回は高圧の水を噴射して詰まりを細かく粉砕して洗い流す高圧洗浄機を使用することになりました。高圧洗浄は排水管詰まりを除去する作業のなかで最も効果的な作業で、詰まりはもちろん、排水管の内部を綺麗に洗浄する作業です。浄化槽の内部から上流へ向けて洗浄を開始すると、詰まり箇所と思われる部分はすぐに開通し、溜まっていた汚水が一気に流れていきましたので、水が全て流れきるまで待ち、排水管内部に水を噴射した洗浄ホースを行ったり来たりさせて洗浄していきました。およそ一時間程で建物全体の屋外排水は全てピッカピカの状態に復元できました。はじめはトイレの問題と思っていらっしゃったお客様も、屋外の状況を一緒に見て、ビックリされていました。溜まっていた排泄物やペーパーの量から考えても、数ヵ月前ぐらいから詰まりは起こっていたと思われました。浄化槽内部でも詰まりが起きることがありますので、浄化槽の定期的な点検も必要ですね。