静岡市葵区秋山町 高圧洗浄作業

静岡市葵区秋山町 高圧洗浄作業
本日は、築10年ほどの戸建住宅、台所で起きた排水詰まりトラブルについて、高圧洗浄による詰まり除去作業の事例をご紹介します。葵区のお客様から台所が詰まって全く流れないので困っているというご相談を頂きました。ここ最近、流れが悪かったそうで、市販の薬品を使用しながら様子を見ていましたが、今日になって完全に流れなくなってしまったというお話しでした。訪問して詳しくお話しをお聞きすると、築10年くらいで詰まりのトラブルは今回が初めてのようでした。一階に台所があり、シンクに水が溜まってしまっていました。収納の中を覗いて排水管への繋ぎ口を確認すると、排水管に排水ホースが差し込まれていて隙間にパテの様なものがぎっしりと詰め込まれていました。今ここでホースを抜き取ると溜まっている排水が流れ出て大変なことになるので、あまり触らずに屋外の排水マスを確認しに外へ移動しました。屋外の排水マスを確認するのは、詰まりの原因となっている箇所を特定するためです。排水マスとは屋内の排水が建物の外へ出て、他の排水管とつながる交差点の様な場所で、台所やお風呂、洗面所、トイレなどそれぞれの水まわり毎に設置されるのが一般的です。今回の台所の詰まりが、台所だけの問題なのか、別の場所での詰まりの結果なのかを判別する必要があるため、排水全体の状況をしっかりと調べます。今回は台所が建物の奥の方に位置していて、台所の窓のすぐ外側に排水マスがありました。フタを開けて中を覗くと濁った水で溢れかえってしまっていました。排水マスを下流の方へ辿り、溢れていないマスを発見しました。本来は水が溜まったりはせず、底が見える状態が正常な状態なのですが、溢れているということは、溢れてしまっている排水マスと溢れていない排水マスの間に詰まりの原因箇所があるということになります。今回は高圧洗浄機を用いて排水管内部の洗浄をして、詰まりを開通させることにしました。高圧洗浄は排水管内部の汚れや詰まりを細かく粉砕して洗浄する作業で、手の届かない場所の詰まり除去作業における最も確実で強力な方法です。建物が建ってから一度も排水管の掃除をしたことがないというお話しでしたので、排水管内部に汚れが蓄積して詰まりが発生したのかも知れません。溢れていないマスから上流へ向けて洗浄ホースを進ませるとほどなくして油の塊と濁った水がたくさん流れ出てきました。壁面にこびり付いた油を搔き出していると上流に溜まっていた大量の水が一気に通過していきました。取り残しのないようにくまなく洗浄して、詰まりも今後の再発の可能性も除去しました。定期的に洗浄が入る集合住宅とは異なり、戸建住宅の場合は、ご自分で管理をする必要がありますので、詰まりが発生する前に、およそ10年周期で定期的な洗浄をお勧めします。