袋井市 蛇口水漏れ修理
水道修理後
袋井市 蛇口水漏れ修理

袋井市浅名 洗面台蛇口交換

本日は、築17年程の集合住宅の洗面台にて蛇口の水漏れと不具合のトラブル、蛇口本体の交換修理の事例をご紹介します。袋井市のお客様から蛇口の水漏れ修理についてお問合せを頂きました。レバー付近から水が垂れてきて蛇口の周りに水溜りができてしまうという症状のようでした。他にも不具合があるとのことでしたので、お伺いして詳しく見させて頂きました。レバー式の蛇口で、確かにレバーの内部から水漏れを起こしていました。また、洗面排水の栓と連動しているつまみが硬くなっていて排水栓を閉じたり開けたりがとてもやりづらい状態になっていました。ポップアップ式という排水栓で、蛇口の背面や周辺に設置させている棒を上げ下げすることで排水口を閉じたり開けたりできるものです。この洗面台では、蛇口の背面部に蛇口を貫通する形で棒が存在しますが、水垢やサビによって動きが硬くなってしまっているようでした。蛇口の水漏れに関しては、レバー式の蛇口にとって一番重要なカートリッジという部品の経年の摩耗による劣化が原因ですので部品の交換で修理は可能です。ポップアップの上げ下げに関しては、サビ取りなどの処置をしても改善できないことも多いためお客様に状況をご説明しました。蛇口の本体についても白い樹脂製であまり気に入ってないようで、部品交換の修理はやめて、蛇口を別の物に交換したいというお話しになりました。各種カタログから取付可能な蛇口を選んで頂いて、蛇口本体の交換を行いました。確かに樹脂製のものは年数が経つと変色してしまったり、細かい傷に汚れが入って目立つようになってきます。お客様がお選びになった蛇口は金属製の全面シルバーの蛇口でした。洗面台の蛇口は取付穴の位置や大きさによって取付可能な蛇口が限定されますが、様々な蛇口メーカーから様々な蛇口が販売されていますので、生活のスタイルや使い勝手、外観の希望に合わせて選ぶことができます

収納内に潜って蛇口本体を取り外して交換し、ポップアップの棒自体は腐食などがありませんでしたので、清掃した後再利用して蛇口を貫通させ、収納内の排水栓と連結することで指二本だけの力でもスムーズに上げ下げできるようになりました。毎日使うものですから、使いづらい点があると毎回ちょっとしたストレスになりますよね。ちょっとした不具合や気になる事も、色々な方法で解消できますので、ぜひお気軽にご相談してもらえればと思います。