静岡市清水区宮加三 店舗厨房排水高圧洗浄作業

静岡市清水区宮加三  店舗厨房排水高圧洗浄作業
本日は、飲食店の厨房内で起きた排水詰まりのトラブルについて、高圧洗浄機を使用した詰まり除去作業の事例をご紹介します。清水区の飲食店からお電話で排水詰まりの修理についての緊急のご相談を頂きました。ここ数日、厨房内の排水溝の流れが悪かったそうですが、その日は全く水位が下がらず溢れ出してしまったので、できるだけ早く修理して欲しいというご相談でした。お電話のあとすぐに現場へ急行し、状況を詳しく見させて頂きました。厨房内は溢れかえっていましたが、先に屋外排水の状況を確認しに行きました。厨房からすぐ外に出たところに排水マスがありましたので、フタを開けて中を確認すると排水マスの内部にも汚水が溜まっている状態でした。通常、排水マスの内部には何もなく、排水マスの底面が見える状態が正常なのですが、汚水が溜まってしまっているということは、その排水マスよりも下流側で詰まりが起きていて、流れない汚水が溜まってしまっているということになります。そのまま下流をたどって排水マスのフタを次々開けていくと、厨房からだいぶ離れた場所で汚水の溜まっていないマスを発見しました。そのマスが正常で、その一つ上流側では汚水が溜まっているということから、そのマスとマスの間をつないでいる排水管内部で詰まりが起きているということになります。土中埋設の排水管内などで発生した詰まりを解消する方法はいくつかありますが、今回はとにかくスピード解決をご希望でしたので段階を踏まずに一番強力で確実な方法で作業する事になりました。高圧洗浄機という機械を使った詰まりの除去作業です。加圧ポンプで水やお湯を吸って圧力をかけ、排水管内部に水を噴射させることで、詰まりの原因物を水が細かく粉砕し、内部を移動しながらくまなく洗い流す作業です。汚水の溜まってない排水マスから上流へ向けて洗浄作業を開始すると、油の混じったクリーム色の水がどんどん流れてきました。時折大きな油の塊もゴロゴロと流れて来て、しばらく洗浄していると詰まり部分が開通したようで、厨房の方まで溜まっていた汚水が一気に流れて行きました。その後もくまなく洗浄を続けていると、流れてくる水は濁った色から透明に変わり、内部がきれいになったことが確認できました。排水管の洗浄は、一般の戸建住宅では5~10年に一度、集合住宅では1~2年に一度のペースが望ましいとされていますが、店舗の場合は肉や魚の油の排出量や設備環境によって蓄積具合は様々ですので、完全に詰まってしまう前に、計画的に早め早めの洗浄を計画されるようにお勧めしています。