袋井市愛野 トイレボールタップ交換

袋井市愛野  トイレボールタップ交換
本日は、築18年程の戸建住宅のトイレにて発生した水漏れトラブルについて、タンク内の部品交換による修理の事例をご紹介します。袋井市のお客様からお電話にてお問い合わせを頂きました。水道使用量の検針員から漏水があるので修理をしてもらって下さいと指摘を受けたそうでした。漏水箇所がわからないとのことでしたので、一度お伺いして調べさせて頂く事にしました。当店にご相談頂くお客様のほとんどは、どのような修理になるのか、どれくらい費用が必要なのか、と、不安に思われています。今回のように、どこから漏れているかがわからないといった状況ではなおさらです。当店ではお客様宅へ訪問し、トラブル状況の点検をして、修理のための見積りをご提示する所までは全て無料とさせて頂いております。どのような事が起きているのか、どのような修理が必要か、費用についてのご説明致しますので、そこで修理を希望されるかどうかをご判断して頂いて構いませんので、ぜひお気軽にご相談下さい。さて、お客様宅にお伺いして水道メーターを確認すると、メーターが常にゆっくりと動いていました。どこかで漏水していることが明らかでしたので、台所、浴室、洗面所、トイレ、屋外水栓と一つ一つ点検をして漏水箇所を特定します。蛇口などの漏水であればお客様ご自身で気づきやすいですが、壁の中や床の下、天井裏などの直接目視できないような場所での漏水は一つ一つ詳しく見ていかなければ見つかりません。今回は、トイレのタンクの内部にて漏水が見つかりました。通常はトイレを使用していない時は水が流れませんが、点検をした際には、便器に溜まった水の水面にユラユラと波紋ができていました。タンクのフタを開けて中を確認すると、タンクの内部に常に少しずつ水が入り続けていて、溜まりすぎて溢れた状態でした。タンクの内部で溢れた水は、タンクの上から溢れて大変な事にならないように、過剰に入り過ぎた分の水を便器へと逃がす構造になっているので、便器の水面が常にユラユラと揺れている状態になったというわけです。タンクの内部の水は、トイレを洗浄する時に空っぽになると同時に水道から補充を開始し、一定量溜まったら補充が止まり既定の水量がタンク内に溜まります。このタンク内の水量を調節する役割をしている部品がボールタップです。今回は、そのボールタップが経年の劣化により水位を調整できなくなっていたことが原因でしたので、ボールタップを新しい物に交換する修理を行いました。漏水によって水道料金が高額になってしまった場合、水道局の指定工事店により水漏れがない状態に修繕をした後、市に修繕の報告書を提出をすることで、水道料金減額の申請をすることが可能になります。修繕報告は当店のような水道局の指定工事店にて可能ですので、漏水調査をご希望の場合はお気軽にご相談ください。また、指定工事店ではない業者での修理や、ご自分での修理では申請ができませんのでご注意下さい。