掛川市北門 給水管一部補修

掛川市 給水管水漏れ修理
本日は、築30年程の戸建住宅にて起きた給水管の水漏れトラブルについて、埋設給水管の一部補修の事例をご紹介します。掛川市のお客様からお電話にてご相談を頂きました。漏水の疑いがあるので詳しく見てもらってくださいと水道メーターの検針員の方から言われたそうで、水が漏れているかどうか、どこで漏れているのかを調べて欲しいというご相談でした。お客様のご都合をお聞きして、お伺いして状況を見させて頂きました。お客様宅に到着後、水道メーターを確認すると量水器が常にゆっくりと動いている状態でしたので、どこかで水が漏れ続けているということがわかりました。はじめに建物内の水まわりを全て確認させて頂きましたがどこにも漏水箇所は見当たりませんでした。こうなると、直接目では確認できない壁の中や床下、土の中などに配管されている給水管の可能性が出てきますが、建物内で水が漏れているような音は聞こえませんでしたので、屋外を探索してみることにしました。建物の周りを調べていると、裏手の一部分だけ土が湿っぽい感じがしましたので、土を掘り返してみると水漏れしている給水管を発見しました。塩化ビニール製の給水管に小さな亀裂が入ってしまっていて、土の中に水が噴き出てしまっている状態でした。塩化ビニールのパイプは鉄管や銅管などのような金属管とは異なり錆びて穴が開いたりといった事は起きませんが、埋設されている場合は土の成分に、露出されている場合は太陽の紫外線などによって少しずつ劣化して耐久度が落ちてしまいます。お客様宅は築30年程でこういったトラブルは初めてというお話でしたが、築十数年で折れてしまった事例もあり、目では直接確認できない場所での漏水は気づきにくく注意が必要ですね。水漏れの量によっては2か月の水道料金が一気にはね上がり数十万円にもなってしまったケースもありました。市の指定工事店以外に修理をお願いされたり、ご自分で修理されたりした場合は、多くかかってしまった水道料金を減額する申請ができませんので、ご自分で直せそうと思っても漏水してしまった場合は当店のような市の指定工事店に修理を依頼されることをお勧めします。今回は一部分の漏水でしたので、漏水している部分を切り取って、新しい部材を使ってつなぎ直して修理は完了しました。今回手を付けていない他の部分に関しても、年数による劣化は同じようにしているはずなので、ある日突然亀裂が入って漏水する可能性はゼロではありません。形あるものは永遠に持つものではありませんので、経年が進んだ建物の場合は、給水管・給湯管全体の交換工事も視野に入れておかれた方がよいでしょう。