焼津市栄町 洋式トイレローポンプ作業

焼津市栄町 洋式トイレローポンプ作業
本日は、焼津市の飲食店にて起きたトイレ詰まりのトラブルについて、ローポンプを使用したトイレ詰まり修理作業の事例をご紹介します。平日の夕方、焼津市の飲食店から緊急のトイレ詰まり修理のご相談を頂きました。来客用のトイレが突然流れなくなってしまったそうで、できるだけ早い解決をご希望でした。大至急向かいお店に到着、状況を見させて頂きました。スタッフの方に詳しいお話しをお聞きすると、トイレの清掃時に流せるタイプのトイレシートを5~6枚使用して流したそうで、その後に流れなくなってしまってしまったということのようでした。不特定多数の人が使用するトイレの詰まりトラブルでは、異物流れによる詰まりの可能性が心配されますが、今回の詰まりはスタッフの方の清掃前は正常に使用できていたようですので、異物が原因の詰まりではないようでした。ここで言う異物とは、本来トイレに流してはいけないもの、トイレットペーパーや排泄物以外の物の事です。近年よく見かける「そのままトイレに流せる」タイプの掃除用品などは、一つずつであれば大丈夫なようですが、一度に複数を流してしまうと詰まりを引き起こすことがあります。製品の注意書きにも書かれていると思いますが、小さい文字ですし、ほとんどの方は注意書きを読んでから使用することはないのではないでしょうか。トイレットペーパーは水に入れて動かすとすぐにハラハラと解れていきますが、トイレクリーナーのようなペーパ―は水に入れたあと、手で揉みこんでもなかなか解れてくれません。折りたたまれた状態で使用してそのまま流されるため、さらに解れにくく、複数枚を同時に流してしまうと、折り重なって塊となって引っかかり、詰まりを引き起こします。今回の詰まりの原因は流せるタイプのトイレシートと思われますので、ローポンプという道具を使用して詰まりを流す作業を行うことにしました。ローポンプは注射器と同じ原理の詰まりを除去する道具で、ピストンを上げ下げすることで先端から水を吸い込んだり吐き出したりすることができます。詰まって水が溜まった便器に押し当てて、ピストンを引くことで詰まっている箇所とそこまでに溜まっている水ごと引っ張ることができます。引いては戻しを繰り返すことで、便器内部の詰まりを解したり向きを変えたりして、流れやすくします。今回は数回圧力をかけた所で、一気に流れて行きました。水に溶けない異物が入ってしまった場合は、便器を通過して排水管の方で引っかかってしまうと取り出すのは大変なので、押し流すような方法は避けなければいけません。便器の内部はくねくねと曲がっていますので、便器内の異物ごと手前に引っ張り戻す力まではローポンプにはありません。異物が流れてしまった場合のほとんどは、便器を一度取り外して異物を除去する必要があります。ローポンプで流れた後はトイレットペーパーを沢山入れて流しても問題なく快調に流れていましたので、今回はトイレクリーナーだけだったようで、残留物もなく無事に解決となりました。