掛川市上西郷 ローポンプ作業

掛川市 トイレ詰まり修理
本日は、飲食店のトイレでの詰まりトラブル、ローポンプを使用した詰まり除去修理の事例をご紹介します。トイレが詰まってしまって困っているというお電話を掛川市の店舗様から頂きました。ホームセンターで詰まり除去の道具を購入したり、色々と試してみたようですが、解消できないのでお電話を頂いたようでした。幸い、トイレは2台あるので営業に大きな問題はないとのことですが、できれば早く解決したいというお話しでしたので、急いで駆けつけました。店舗に到着し、詰まってしまったトイレにご案内頂くと、トイレの前にはバケツやラバーカップ、漂白剤などの薬品、金属製のワイヤーなど様々なものが並んでいました。一つ一つ、試した時の状況をお聞きしましたが、作業スペースを確保するために、一度片付けさせて頂きました。今回購入されたというラバーカップは問題となっている便器の形状に合っておらず、役割を果たせなかったようでした。便器の形状は現在様々なタイプがありますので、市販されているラバーカップがご使用のトイレに合うかどうかは買って帰って来て使ってみなければわかりません。便器内に溜まっている水が白く濁っており、トイレットペーパーが沢山水に解れているものだと考えられました。屋外の排水マスや排水管には詰まりはなく、便器の内部での詰まりのようでした。トイレから排水マスまでも距離が近く、排水管の経路もシンプルでしたので、まずはローポンプを使用した圧力による詰まり除去を試してみることになりました。ローポンプとは、注射器と同じ原理で筒状の先端を便器に押し当て、ピストンを引いたり押したりすることで便器内の詰まり部分を引っ張り戻したり押し込んだりすることができる道具です。基本的には引いて使用するのですが、空気が混ざるとうまく圧力が逃げてしまうので、便器内を水で満たして使用します。異物が原因だったり、あまりにも大量の詰まりでない限りは、数回引っ張れば詰まり部分の向きが変わったり解れたりして、詰まりが解消して流れていきます。今回は引っ張り戻すこと3回目で一気に流れていきました。流れた後も、内部に残留物がないかどうかトイレットペーパーを数回流して確認し、無事作業は完了しました。異物が原因でなくてよかったです。