浜名郡雄踏町(浜松市)洋式トイレ脱着作業

浜名郡雄踏町(浜松市)洋式トイレ脱着作業


洋式トイレ詰り修理

今回は洋式トイレの便器脱着作業をご紹介します。
トイレ脱着作業とは、タンクを外し便器本体も取り外す事により、詰まっている物を直接取り除き、詰まりを除去するという作業です。
この作業を行う場面は限られています。 主に携帯電話や女性用の生理用品、ご高齢者用のパットなど、水に溶けない物を誤って便器に流してしまった時です。
この様な物を誤って流してしまった時は、通常の詰り除去の道具(ラバーカップ)や機械(高圧ぽんぷ)では
ほぼ詰りを直す事ができません。
便器を外して詰りを除去するのが一般的な修理の方法です。


浜名郡雄踏町(浜松市)洋式トイレ脱着作業

浜名郡雄踏町(浜松市)洋式トイレ脱着作業

今回修理依頼を頂いたお宅では、情報収集をした際、とくに何か落としてしまったという事は無く、トイレが詰まってしまったのも今回が初めてだったそうです。
ですので、外の排水管での詰りでは無い事を確認した後、すぐにローポンプという機械を持ってきて作業にあたりました。
便器の上から何回圧力をかけても、一向に詰りが抜けていきません。
何度も圧力をかけていくうちに、お水は少しずつ抜けていくようになりましたが、やはり何かが詰まっています。
お客様に事情を説明し、便器脱着を行うことになりました。
便器を外してみると、便器と床下の排水管を繋ぐ排水ソケットという部分に、トイレットペーパーの芯が挟まっていました。
ペーパーの芯を取り除き便器をもとに戻して、本日の作業は終了となりました。