掛川市安養寺 密結パッキン交換

掛川市安養寺  密結パッキン交換
本日は、築20年程の戸建住宅のトイレでの水漏れトラブル、タンクの密結パッキン交換修理の事例をご紹介します。掛川市のお客様からトイレの床が濡れて困るというご相談を頂きました。どうやらトイレの床に水溜りができてしまうようですが、いつもできているという訳でもなく気づくと水溜りができているので、どこから漏れているのかをしっかりと調べて直してほしいというご依頼でした。早速お客様宅にお伺いしてトイレを見させて頂きました。建物が建って20年程、今まで水漏れや詰まりといったトラブルはなく、今回が初めての修理とのことでした。トイレの床に水溜りができるという症状の場合は、原因として様々な可能性が考えられますので、一つ一つ確認しながら原因を特定する必要があります。まずは上の方から濡れている箇所がないかどうかを調べていきます。タンクのフタ、タンクと給水管の接続部、便器の上に載ったタンクの設置部分と調べた所で、濡れている箇所が見つかりました。タンクと便器の間の部分から水が筋状に垂れていました。乾いたタオルでしっかりと拭き取って、その部分よりも下の方で別の水漏れがないかどうかも入念に調べました。便座は暖房便座でしたので、便座から水漏れすることはあり得ませんでしたし、便器と床の間からも水が漏れ出てはいないようでした。漏れている箇所が判明したので、一度タンクを外して詳しく調べました。便器とタンクは陶器で作られていますが、便器の上にタンクを載せて、タンク内の水を便器へと流すためにそれぞれ穴が開いています。その穴同士を合わせて固定するのですが、陶器同士の穴を合わせても密着できませんので、実際には穴の周りにドーナツ型のゴムのパッキンを入れて圧迫して固定されています。今回はその部分のパッキン(密結パッキンと呼ばれています)の経年の劣化により、タンク内の水が外に漏れたことが原因でした。パッキンといっても形や用途は様々で、水を流す物同士をつないでいる接続部分にはそれぞれパッキンが入っているとも言えます。今回は密結タンク用の密結パッキンを新しい物に付け替えて、便器の上に載せてしっかりと固定して水漏れは無事解消されました。ゴム製品は新しい時は弾力と耐久性があるのですが、年数が経つと硬くなったり脆くなったり圧迫により薄くなったりしてしまいます。今回のトラブルは、トイレを流した時にだけ漏れ、トイレを使用しない時間は何事もなかったため大事には至りませんでしたが、長年の使用により傷んでいる箇所は他にもありましたので、今後もトラブルなく使用して頂きたいので、メンテナンスの重要性をお話しさせて頂きました。