藤枝市城南 高圧洗浄作業

藤枝市城南  高圧洗浄作業
本日は、戸建住宅の排水詰まりトラブル、屋外排水マスと排水管の高圧洗浄作業の事例をご紹介します。収納内の荷物を出させて頂き、排水ホースの下を覗くと、床の上に排水が溢れかえってしまい、それが染み出てきている状態だとわかりました。次に屋外へ出て、台所周辺の排水マスを探してフタを開けてみると、排水マスの内部が大量の油カスで一杯になっていました。お客様に今までの修理歴などをお聞きすると、建物が建ってから一度も排水の掃除をされたことはなく、外がこんな構造になっていて、こんな状態になっているとは思ってもいなかったそうでした。およそ20年生活され、少しずつ蓄積していった油が溜まりに溜まって大きな塊になって排水マスを占領してついに詰まりが発生したようですね。もちろん、流し台から排水マスまでをつなぐ排水管の内部にも蓄積はあると思われますので、マス内を掃除しただけでは解決しない状態と思われました。屋内のお掃除はお客様にお任せして、排水マス内の油カスについては手作業で取り除けるものは取り除き、手の届かない排水管内部は高圧洗浄機を使用してきれいさっぱり洗浄することになりました。排水管内部の詰まりを開通させるだけであれば、金属製のワイヤーを使用する方法もありますが、小さな穴を開けて水が流れるようになったとしても、そのうち再び閉塞して詰まってしまいます。高圧洗浄作業は排水管の内部にこびり付いた汚れや油カスを隅々まで洗い流す作業です。一般的な戸建住宅では10年に1度は清掃した方がよいと言われていますが、ご家族の人数や料理の頻度などによって油の蓄積度合いは異なります。今回は1時間程の高圧洗浄作業にて台所から屋外排水マスまでの経路の洗浄が完了しました。その他お風呂や洗濯場、洗面台、トイレなどの排水も屋外でつながっていますので、それらも定期的な洗浄が望ましいですね。詰まりを起こす前に、定期的に排水管内のお掃除をお勧めします。