焼津市塩津  蛇口本体交換作業
水道修理後
焼津市塩津  蛇口本体交換作業

焼津市塩津 蛇口本体交換作業

本日は、築16年の戸建住宅の台所での蛇口水漏れトラブル、蛇口本体を交換した事例をご紹介します。焼津市のお客様から台所の蛇口の修理についてご依頼のお電話を頂きました。しばらく前から水漏れしていたようですが、ずっと我慢して使用されてきたそうでした。使用するたびに蛇口周辺に水が溜まって煩わしく思っていたそうですが、いよいよ水漏れの量が増えて恐くなったので一度見て欲しいというご依頼でした。早速お客様宅にお伺いして蛇口を見させて頂きました。吐水部分が引っ張り出せてシャワーとストレートに切り替えができるタイプの蛇口でしたが、一目見てシャワーヘッド部分の部品が破損していることがわかりました。ご自分で分解しようとして破損してしまったそうでした。また、蛇口を使用するとレバーの付け根部分から水が噴き出るように出てしまう状態でした。破損してしまっているシャワーヘッドや、蛇口内部の大事な役割を担うカートリッジという部品の交換が必要なのですが、こちらの蛇口は既に無くなってしまっているメーカー製のものでした。メーカーが無くなった後、一部の修理部品は今でも供給されているようですが、今後もずっと入手できるかどうかは不明ですし、16年使用されているということでしたので、部品を交換して修理できたとしても今後この蛇口がどれくらい頑張れるかどうかという問題も残ってしまいます。いずれ部品交換修理ができなくなり蛇口本体の交換が必要になる時がきますので、多くのお客様はトラブルに遭われた機会に別のメーカーの蛇口へと交換されます。今回のお客様も部品交換修理は選ばず、本体を交換する方法をお望みでした。

最近ではシャワーホースが引き延ばせるタイプの蛇口は人気なので、様々な蛇口メーカーで製造販売されています。カタログをご覧いただきながら選んで頂きました。ご希望の蛇口はすぐに手配できましたので、その日の内に交換作業を開始できました。このタイプの蛇口の交換は1時間もかからずに交換が可能なので、とっても気軽にプチリフォーム気分が味わえます。台所の蛇口は毎日しようするものですので、台はそのままでも新しい蛇口になるだけで使い心地は大きく変わりますよね。