富士市江尾 給水管一部補修

富士市江尾  給水管一部補修
本日は、築18年の戸建住宅の屋外、給湯器周辺の給水管からの水漏れトラブル、給水管の一部補修の事例をご紹介します。富士市のお客様から屋外で水道が噴き出しているので直してほしいとお急ぎの電話を頂きました。ひとまず水道メーターボックスの位置を確認して頂き、家全体の水道を止めるための止水の仕方をご案内してからお客様宅へ急行しました。到着後、トラブルのあった場所に案内して頂くと壁掛けの給湯器周辺が水浸しになっていました。メーターボックスで止水して頂いたおかげでお客様も一旦落ち着かれたようで、一緒に状況を調べることになりました。少しだけ水を開き、どこから水が漏れたのかを調べると給湯器横に配管されている保温材に覆われた給水管から漏れていることがわかりました。再度止水して、保温材を取り外して給水管をあらわにすると、パイプのつなぎ目部分が抜けてしまったことが原因のようでした。この給水管は塩化ビニール製で、パイプ同士は接着剤を塗布して差し込んで配管されるのですが、接着部分が経年の劣化により脆くなり、水道の水圧に耐えきれなくなり抜けてしまったようでした。保温材により覆われていて、支持金具で壁にも固定されていましたので抜けたと言っても完全に外れたわけではないですが、それでも大量の水が噴き出したようでした。このように大量の水が漏れてしまって水道代が多くかかってしまっても、しっかりと修繕したことを水道局へ報告することで減額の申請をすることもできます。さて、修繕作業についてですが、当店ではこのような急なトラブルでもすぐに対応できるように、配管部材も常に準備しています。塩化ビニール製の給水管は、一度接着剤が塗られた部分は再度使用することができませんので、再利用できない部分は全て切除するひつようがあります。切ってなくなった部分は全て新しいパイプと、パイプ同士を繋ぐ継ぎ手と呼ばれるパーツを組み合わせて配管していきますので、様々な種類の太さや角度の部材を常備しています。それぞれの差し込み部分にはしっかりと接着剤を塗布して、接着剤が固まるまでしっかりと抜けないように押さえながらの配管作業です。今回は補修の範囲も狭かったため、短時間で補修は完了しましたが、接着剤が完全に固まるまで時間に余裕を持って通水し、漏れや抜けがないことを確認し、新しい保温材にて保護しました。お電話頂いた時、お客様は突然の漏水で慌てられていましたが、作業中は一緒に作業をご覧になって、補修が終わる頃には一安心されたようでした。