静岡市駿河区小黒 便器脱着作業

静岡市駿河区小黒  便器脱着作業
本日は、築15年程の戸建住宅のトイレ詰まりトラブル、便器脱着による修理事例をご紹介します。駿河区のお客様からトイレが詰まってしまったので修理をして欲しいというお電話を頂きましたのでお客様宅に急行しました。お客さんに詰まってしまった時の状況をお聞きすると、トイレ掃除用の柄の付いたスポンジを使っていた所、先端の部分が折れてしまったそうでした。先端のスポンジ部分が水に流せるタイプなので大丈夫かと思って流したようですが、詰まって溢れてしまったそうでした。折れてしまった掃除グッズを見させて頂くと、プラスチック製品の柄で途中で折れていましたので、少なからず先端付近のプラスチックが流れてしまっていると思われました。戸建住宅の2階のトイレで、水に溶けないプラスチックが流れた可能性が高い状態ですので、圧力をかけたりして無理やり流れてしまうと、床下や壁の中の排水管の中でまた詰まりを起こしてしまうことがありますので望ましくありません。便器の内部にまだ残っているようなので、圧力ポンプなどは使用せずに、トイレを一度解体して、排水管に落とさないように便器内の異物を取り除く作業を行うことにしました。廊下に養生をさせて頂き、便器の上に載っているタンクと温水洗浄便座を外して廊下に避難させました。床への固定金具を外して便器を外してひっくり返すと便器と排水管の接続部分が露わになります。排水管側にはなにもなかったので、便器の出口部分を確認すると、詰まりの原因となる物がありました。便器の出口部分は直径7cm程の穴なのですが、そこに引っかかっていました。スポンジ部分はまだ水に溶けておらず、スポンジを固定するプラスチック部分と一塊でした。スポンジが溶けて残りが排水管に落ちてしまっていたら取り出すことが困難な床下や壁中の排水管で詰まりを起こしていたかも知れません。便器内の異物を取り除き、便器・タンク・温水洗浄便座を組み立てて戻していきました。一般的には流してはいけない異物が流れてしまった場合は、このように便器をひっくり返しての除去作業となり、便器の脱着作業といいます。便器に異物が入ってしまった場合は、流す前に取り除き、もし流れてしまった場合は、ラバーカップなどを使って押し流さないようにしましょう。便器の脱着をするためには上に載っているタンクや温水洗浄便座の取り外しが必要となり、給水管部分も外す必要がありますので、私たちのようなプロにお任せ頂くのが確実です。押し流したり、水をそれ以上流したりせずに、使用を中止してまずはご連絡下さい。